• and
  • or

マンション買取と仲介はどう違う?メリット・デメリットや流れの違いを徹底解説

「マンションを売るとしたらやっぱり買取?」
「マンションは買取が良いの?売却が良いの?」
このようにマンションの売却方法についてお悩みではないですか。
実はマンションの買取と仲介にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

ここでは、マンションの買取や売却について必ず知っておきたいポイントを詳しく紹介します。この記事を読めば、マンションをスムーズに売却することが可能です。

買取と仲介の違いについて

買取の場合

  • ・不動産会社が査定後に買取金額を提示して金額に合意したら成立
  • ・チラシやHP掲載などの販売活動は行わない
  • ・売却金額は不動産会社が提示した金額となる
  • ・仲介手数料は不要
  • ・瑕疵担保責任が無い

仲介の場合

  • ・不動産会社が内覧をして相場を元に売却予想金額を提示
  • ・チラシやHP掲載などをして販売活動を行う
  • ・売却金額は自分で決めることが可能
  • ・仲介手数料がかかる
  • ・基本的に3ヶ月程の瑕疵担保責任がある

基本的な違いは以上の通りです。もっとも大きない違いとしては、マンション買取は不動産会社に売却し、マンション仲介では不動産会社を通して買い手を見つけ販売をします。これが買取と仲介の大きな違いです。

買取では不動産会社が買取金額を提示して合意すれば、売却が完了します。仲介の場合は相場や不動産会社の予想金額を踏まえて、自分で売り出し金額を設定することが可能です。そのため、一般的には仲介の方が高く売れるとされています。

しかし仲介の場合は買い手を見つけないことには、マンションを売却することが出来ないため、売り出し金額をただ高くすれば良いと言うものではありません。買取に比べると広告の面や価格の面など工夫しなくてはならないことも事実です。

「仲介」と「買取」それぞれの特徴とメリット・デメリット

仲介と買取には、それぞれメリットとデメリットがあります。この2つのメリット・デメリットを知っておくことで、自分に適した売却方法を見つけることが可能です。

マンション仲介のメリット・デメリット

メリット

・マンション買取よりも基本的に売却金額が高くなる

デメリット
  • ・すぐに売ることが出来ない
  • ・仲介手数料がかかる
  • ・売却後の瑕疵担保責任がある
  • ・物件によっては売れないことがある

簡単に説明するとマンション仲介は、マンションの買い手を探すために、不動産会社に協力してもらうような形になります。そのためマンションが無事売れた場合には、不動産会社に仲介手数料として3%程(売却金額によってパーセンテージが異なる)の支払いが必要です。

相場を元にマンションの売り出し価格などを決めるため、買取よりは高い金額で売れる傾向にあります。しかしそのままの状態で売ることを前提としているため、内装がボロボロであったり、築年数が古いマンションなどは売れないこともあるのです。

また瑕疵担保責任と言って、売却時には見つかっていなかった、もしくは申告していなかった欠陥が発生した場合に売主が費用を負担する責任が付きます。一般的には3ヶ月ほどで、期間内に修理や設備の交換が必要な場合は、支払いが発生する可能性があるのです。

マンション買取のメリット・デメリット

メリット
  • ・不動産会社が直接買い取るため売却完了までが早い
  • ・マンション売却に伴う手間が少ない
  • ・売却後の瑕疵担保責任がない
  • ・HPやチラシなどに掲載されないので隣人や知人に知られない
デメリット
  • ・売却金額が相場よりも安くなる傾向にある

マンション買取はそのまま不動産会社が、マンションを買い取ってくれるため、買い手を探す必要がありません。売却完了までが早く、手間が少ないのが特徴です。見た目や内装がボロボロであっても、立地や駅近などの条件であれば買い取ってもらえることもあります。

また買取の場合は仲介手数料が発生せず、瑕疵担保責任もないので、売却後に何かの支払いを行う可能性もありません。しかし買い取ったマンションは不動産会社が再販するため、利益が残るように相場より低い金額で買取が行われる傾向にあります。

「仲介」と「買取」の売却の流れについて

仲介と買取では、売却完了までの流れが異なります。それぞれの流れについて詳しく説明していきます。

仲介の流れ

  • 1.不動産会社に売却相談・査定依頼
  • 2.査定価格のご提示
  • 3.媒介契約を結ぶ
  • 4.HPやチラシなどで販売活動
  • 5.購入希望者の内覧
  • 6.買取申込
  • 7.値下げ交渉や契約条件の確認・調整
  • 8.不動産売買契約の締結
  • 9.引渡し

仲介の場合は不動産会社に売却相談・査定依頼をしてから、不動産会社の内覧があり、査定金額を提示されます。その後媒介契約を結んでから販売活動が始まるので、買い手の目に触れるまで、2週間〜1ヶ月程の期間を要するでしょう。

そこから内覧や不動産売買契約を行なったりと、全体的に手順が多いのが特徴です。そのため売却完了までは、全体の平均で3ヶ月ほどの期間がかかります。

買取の流れ

    • 1.不動産会社に売却相談・査定依頼
    • 2.査定価格のご提示
    • 3.契約条件の確認・調整
    • 4.不動産売買契約の締結
    • 5.引渡し

買取の場合は不動産会社に売却相談・査定依頼をしてから、不動産会社の内覧があり、買取価格を提示されます。これに合意すれば手続きは基本的に完了です。よって仲介と比べて手順が少なくなります。売却完了まで最短で3日、通常1週間ほどで全ての手続きが完了するでしょう。

「仲介」でも「買取」でも不動産会社選びは大切

仲介・買取をする場合は、不動産会社選びが重要になります。不動産会社はマンションを売るための言わばパートナーです。むしろここを失敗すると上手く行かないことが多く、逆に良い不動産会社を選ぶとマンションの売却はスムーズにいくことでしょう。

不動産会社によって査定価格の差があることはもちろんですが、不動産会社によって対応が異なったり、担当する人が信頼出来ない人であるとストレスになります。なので担当者は、話を聞いて任せられるなと思った方を選びましょう。

最終的にはご自身に合った売却方法を選択しましょう

仲介・買取のメリット・デメリットがあることは分かっていただけたと思いますが、売主の状況によってどれがベストな選択なのかは異なります。とにかく早く売りたい人もいれば、とにかく高く売りたい人もいるのが実際のところです。

まずはご自身で売却期間を算出してみて、どれくらいの期間内に売り切ってしまいたいのかを明確にすることが重要になります。そこから期間に猶予があるのであれば、仲介で売却を選択すると良いでしょう。期間に余裕がない場合は買取してもらうことをおすすめします。

また最初は仲介で売り出して、売れなければ買取に変更すると言う選択肢もあります。この売り方ができる不動産会社もありますので、それを目処に不動産会社を探すのも選択肢の1つです。

しかし買取にしても仲介にしても、不動産会社選びだけは妥協してはなりません。時間と手間を惜しまないのであれば査定を数社受けた方が良いでしょう。時間がない場合は一括査定を利用することで、複数の不動産会社を査定することが出来ます。

関連記事

  1. マンションの買取業者の評判を参考にする際のポイントとは?

  2. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

  3. 不動産を売却する際にかかる主な費用と少しでも抑える方法

  4. マンション買取は相場より安くなる?買取と売却の違いを徹底解説

  5. 任意売却って?住宅ローンなどの肩代わりに物件を売却する方法

  6. 任意売却したい!引越し費用を確保する方法とは?

Banner

  • 不動産一括査定サイト各社を徹底比較
  • 一括査定サイトと不動産に直談判どっちがいいの?
  1. 楽しめながら不動産の知識を学べる!イエジンおすすめの漫画「正直…

    2019.05.24

  2. 不動産を売却する際の広告費は誰が負担する?

    2019.04.24

  3. 不動産を売却したい!不動産業者の評判を把握するためには?

    2019.04.23

  4. 不動産を売却したい!キャンペーンは利用する方がいいか?

    2019.04.22

  5. 不動産を勝手に売却されたくない!どのような方法があるか?

    2019.04.21

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. 不動産を売却した時って、確定申告がいるの?

    2019.01.07

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

to top TOPへ戻る

お近くの不動産会社を探す