• and
  • or

空き家を買いたい!空き家の探し方とは?激安の空き家物件は注意!

空き家を買いたいと思っている人もいるのではないでしょうか。実は、空き家を買うのであれば安く買うのがおすすめです。ここでは、購入できる空き家の探し方、激安で購入できる空き家の探し方、激安の空き家物件で注意すること、についてご紹介します。この記事を読めば、空き家を安く買うための方法が分かります。

購入できる空き家の探し方

空き家を探す方法としては、基本的に不動産業者に頼むようになります。しかし、あえてここではご紹介しませんが、空き家を探す場合はこのような方法もあることを把握しておきましょう。ここでは、不動産業者に頼まない購入できる空き家の探し方についてご紹介します。空き家を買いたいと思っている場合は、ぜひ参考にしましょう。

空き家を空き家バンクで探す

空き家バンクというのは、空き家の情報を自治体が主になって収集して、一般の人にこれを公開するようなものです。
ネットで調べてみると、空き家の情報がすぐに出てきます。空き家バンクということでも、自治体がこれを管轄しているため、空き家バンクは自治体数だけあります。そのため、ネットで自分が空き家を探したいと考えている地域の名前で空き家バンクを探すのがおすすめです。場合によっては、空き家バンクに空き家を貸すために登録している場合もありますが、売っている空き家も多くあります。

空き家を直接探す

不動産業者や空き家バンクに頼まないで、自分で空き家を直接探す方法もあります。この場合は、住みたい町に自分で行って、地域を車で回って、空き家と考えられるものを探します。このような空き家の多くは、格安で購入することができます。処分したいが空き家バンクにどのようにして登録すればいいか分からない、などというような持ち主のみであるため、自分から話をするとすぐに相談に乗ってくれるでしょう。欲がもともとなく、相談に乗るとその空き家が売却できるため、安くしてくれる場合が多くあります。

激安で購入できる空き家の探し方

空き家を激安で購入したいが、事故物件は好きでないという場合もあるでしょう。ここでは、激安で購入できる事故物件ではない空き家の探し方についてご紹介しましょう。

公売・競売を使う

公売・競売は、強制的に税金や借金の肩代わりに販売された空き家を落札して購入するものです。公売というのは税金を滞納したことによって差し押さえになった場合であり、一方、競売というのは借金が返済できなくて売り出しになった場合を言います。価格が入札される金額によって常に変わるオークションスタイルであるため、お得なのはいずれかというのは一律には言えませんが、いずれもマーケット価格よりも安くなるためお得です。

不動産競売物件情報サイトは、競売物件情報を紹介しているサイトで、業務を最高裁判所から委託されたNTTデータが運営をしています。このサイトでは、空き家を地域や事件番号などから調べることができます。公売情報サイトは国が運営しており、不動産だけでなく、貴金属や車などの情報も紹介されています。

空き家バンクを使う

空き家バンクは、自治体が運営しており、空き家としては売れないもの、古くなって住むのが困難であるものなどが登録されており、空き家を激安で購入することができます。空き家バンクの場合は、空き家情報をそれぞれの自治体のホームページで探すこともできますが、一般社団法人のJOINが運営しているサイトが利用しやすいのでおすすめです。

地方の場合は、多くの地域で過疎化が進んできており、空き家が多くなっていることが問題になっています。そのため、お金は必要ないので誰か空き家を使用して欲しい、安くてもいいので空き家を売りたいというような声が多くあり、非常に安い価格で取引される場合もあります。一方、子供は豊かな自然があるところで育てたい、老後はのんびりと田舎で生活したいというような需要が確かにあるため、上手く空き家とこのような需要をマッチングさせると投資する機会が今後拡大するでしょう。

100円不動産プロジェクトに参加する

100円不動産プロジェクトというのは、自然が豊かな富山県の空き家が100円で買えるかもしれないものです。このプロジェクトで紹介されている空き家は、いずれも素晴らしい歴史が感じられるもののみです。価格は100円になっていますが、これもすぐに形式的なものであることが分かります。空き家をサービスしてくれる人は、価格よりも他の人が使用してくれるということを重要視しており、次の世代に富山県の豊かな自然を継承しようという強い意思があります。

激安の空き家物件で注意すること

空き家が激安で売られていることもあるのではないでしょうか。しかし、空き家が激安で売られている場合は、注意することが必要です。ここでは、激安の空き家物件で注意することについてご紹介しましょう。

心理的瑕疵がある

心理的瑕疵というのは、次のようなことを言います。

  • ・暴力団の事務所が近くにある
  • ・火葬場・破棄器物処理場・公害発生施設などの嫌悪施設が近くにある
  • ・殺人や自殺がその空き家であった
  • ・事故や事件によってその空き家で亡くなった人が出ていた

売主は、売買契約する前に、このような事実を買主に対して伝える必要があります。心理的瑕疵がある空き家は売るのが困難であるため、多くの売主はこのことを隠したいと思っていることも事実です。そのため、買主としては心理的瑕疵などの全般の瑕疵について、必ず前もってチェックするよう注意しましょう。

瑕疵担保免責に契約条件がなっている

瑕疵担保免責というのは、空き家の瑕疵に対して売主が全く責任を負わないというものです。そのため、空き家にどのようなことが発生しても買主が責任を持つようになるので、価格をその分安くする場合があります。しかし、空き家の瑕疵としては取り返しがつかないものが隠れている場合もあるので、瑕疵担保免責にどうしてなっているか、価格にどのような内容が反映しているかなどを前もってチェックすることが必要です。

旧耐震基準の空き家である

1981年以前に建てられた空き家は旧耐震基準になっているため、現在の耐震基準を満足していないので、大きな地震が起きた際は倒れるリスクなどがあります。そのため、耐震診断をして耐震補強工事などを必要によって行わないと空き家は安心して使用できません。

売却する理由がはっきりしない

空き家を売却する理由を聞いても、返事がはっきりしない場合は注意しましょう。というのは、重大なことを何か隠している恐れがあります。一般的に、問題が無くて売却する理由がはっきりしていれば、明確に回答してくれます。

差押えや任意売却のためにすぐに売りたい

お金を貸している債権者がお金をすぐに回収したい場合、借金などのために任意売却になっている場合は、安い価格で空き家を売却する場合があります。また、税金などを滞納したことによって空き家が差押えされている場合も、このような対応がされます。

このような場合は、交渉することによって価格を大幅に下げてくれることがあります。安くなっている要因が不動産業者や買主の知恵や工夫によって解決することができ、コストパフォーマンスも高いと認められるとそのまま買うといいでしょう。もし解決することができなければ、再度買うことを検討することも必要になります。

関連記事

  1. 空き家は日本の重要な社会問題!解決する方法ととは?

  2. 空き家はどのような定義か?「特定空き家」に指定されないためには?

  3. 空き家対策特別措置法とは?どんな影響がある?

  4. 空き家対策したい!空き家を利用する方法とは?

  5. 空き家を活用したい!空き家を活用する方法とは?

  6. 空き家を早く売って譲る方法を紹介!空き家の活用術もあります

  1. 不動産を売却する際の広告費は誰が負担する?

    2019.04.24

  2. 不動産を売却したい!不動産業者の評判を把握するためには?

    2019.04.23

  3. 不動産を売却したい!キャンペーンは利用する方がいいか?

    2019.04.22

  4. 不動産を勝手に売却されたくない!どのような方法があるか?

    2019.04.21

  5. 事業用不動産を売却したい!どのような税金がかかるか?

    2019.04.20

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.19

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. 不動産を売却した時って、確定申告がいるの?

    2019.01.07

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

to top TOPへ戻る

お近くの不動産会社を探す