• and
  • or

節税のためにも是非利用したい不動産売却の軽減税率とは

不動産を売却して売却益が出た場合、譲渡所得税を納付する必要があります。マイホームを売却した場合には、この譲渡所得税に軽減税率を適用できることがあります。どういった要件を満たしていれば、軽減税率を使って計算できるのでしょうか。調べてみました。

譲渡所得税の軽減税率

 自宅として使用していたマイホームを売却した際に、一定の要件を満たしている場合、5年以上所有していた不動産の売却の際に適用される、長期譲渡所得税率の15%よりもお得な軽減税率で計算することができます。

軽減税率

 軽減税率は、課税対象となる長期譲渡所得金額によって2通りあります。
課税長期譲渡所得金額が6000万円以下の場合:10%
課税長期譲渡所得金額が6000万円を超える場合:
(課税長期譲渡所得金額-6000万円)×15%+600万円
 課税長期譲渡所得金額は、売却による収入金額から不動産の取得費用と譲渡費用、特別控除額を引いて出します。軽減税率を適用できる事例の場合、マイホームの特別控除3000万円も受けることができます。

軽減税率が使えればこんなにお得

 軽減税率を適用した場合と適用しない場合、それぞれの譲渡所得税金額を比較してみましょう。
特別控除を引く前の譲渡所得金額が5800万円の場合
・軽減税率を適用できるなら、まず3000万円の特別控除を引いた2800万円が課税長期譲渡所得金額となり、10%の税率で計算すると、譲渡所得税額は280万円となります。
・軽減税率も特別控除も適用できない場合、長期譲渡所得税率は15%、5800万円×15%で、870万円の譲渡所得税を納付することになります。
 特別控除を引く前の譲渡所得金額が9800万円の場合
・軽減税率を適用できるなら、まず3000万円の特別控除を引いた6800万円が課税長期譲渡所得金額となります。6000万円を超える場合の計算式を適用すると、(6800万円-6000万円)×15%+600万円で、譲渡所得税額は720万円となります。
・軽減税率も特別控除も適用できない場合、長期譲渡所得税率は15%、9800万円×15%で、1470万円の譲渡所得税を納付することになります。

軽減税率を適用できる要件

 とてもお得な軽減税率を適用するには、以下の5つの要件すべてに該当していなくてはなりません。

1. 日本国内にあるマイホームを売却

日本国内にある自宅、居住用に使用している家屋や家屋がある敷地を売却していること。
 現在住んでいない場合は、住まなくなった日から3年経った日が属する年の12月31日までに売却していること。もし、住まなくなってから人に貸していた場合も、この期間内に売却すれば、軽減税率の適用を受けられます。
家屋が、地震や洪水といった災害によってなくなってしまった場合は、その敷地だけを売却した場合でも可能。ただし、住まなくなった日から3年経った日が属する年の12月31日までに売却すること。
マイホームだった家屋を取り壊した場合には、以下の3つの要件をすべて満たしている必要があります。

①取り壊した家屋とその敷地を、家屋を取り壊した日が属する年の1月1日現在で10年以上所有していたこと。
②家屋を取り壊して1年以内に敷地の譲渡契約を結び、かつ、取り壊す前の家屋に住まなくなった日から3年経った日が属する年の12月31日までに売却すること。
③家屋を取り壊した後、譲渡契約を結ぶまでの間、その敷地を貸して、駐車場といった他の目的で使っていないこと。

2. 10年以上所有を継続

 売却した年の1月1日現在で、売却した家屋や敷地を10年以上所有していること。

3. 以前に特例措置を受けていないこと

 売却した年の前年とその前の年に、同じ特例措置を受けていないこと。

4. 他の特例措置を受けていないこと

 売却した家屋や敷地に関して、マイホームの買換えや交換の特例といった他の特例を適用していないこと。ただし、この特例措置には、マイホームを売却した際に受けられる3000万円の特別控除の特例は含まれていません。3000万円の特別控除と軽減税率の特例は、一緒に適用できます。

5. 売却先が特別な関係がある人ではないこと

 マイホームだった家屋や敷地を売却した相手が、親子や夫婦といった特別の関係がある人の場合、軽減税率は適用されません。親子や夫婦といった家族関係だけでなく、生計を共にしている親族や内縁関係にある人に売却した場合も、特別な関係がある人とみなされます。個人だけでなく、売り手と特殊な関係がある法人も含まれます。

他の特例措置との関連

 売却した家屋や敷地に関して、マイホームの買換えや交換の特例といった他の特例を適用していないこと。ただし、この特例措置には、マイホームを売却した際に受けられる3000万円の特別控除の特例は含まれていません。3000万円の特別控除と軽減税率の特例は、一緒に適用できます。

関連記事

  1. 不動産を売却するときのコストはどのくらい?

  2. マンションや不動産売却で譲渡所得がある年はふるさと納税のチャンス?!

  3. マンションや不動産売却時には固定資産税の清算を忘れずに!?

  4. 不動産を売却したい!売却益にかかる税金は?

  5. 不動産の土地だけにかかる相続税を計算するには?

  6. 不動産売却時に必要な印紙税はいくら?どうやって納税する?

Banner

  • 不動産一括査定サイト各社を徹底比較
  • 一括査定サイトと不動産に直談判どっちがいいの?
  1. マンションの任意売却。自己破産や競売との違いやデメリットは?

    2019.11.26

  2. 超シンプル!マンション売却の「仲介手数料」を自動で計算できます!

    2019.11.25

  3. マンションの住み替え。売却から住み替えまでの流れやローンについて

    2019.11.24

  4. 離婚時のマンションは「ローンの残債や別れ方」によって売却か住む…

    2019.11.23

  5. ローンの残債があるマンションの売り方。ローンがあるマンションの…

    2019.11.22

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

to top TOPへ戻る

お近くの不動産会社を探す