• and
  • or

どっちがいいの?直接不動産に相談?一括査定サイトを利用?

コンテンツ

一括査定サイトで比較する方法と不動産会社へ相談する方法の違い

みなさんは不動産会社を選ぶときにどのようにして不動産会社を選ぶでしょうか。今までは不動産会社へ直接出向き相談することが一般的でした。しかし近年では、インターネットの普及で不動産会社を一括査定できるサイトも多くなってきています。どちらの方法で不動産会社を選ぶにしても長所と短所があります。こちらのページでは、一括査定サイトと不動産会社へ相談する方法の長所と短所について紹介していきます。

「不動産を売りたい」そう思ったらどこに相談するべき?

「不動産を売却したい」と思ったときに仲介会社として不動産会社に入ってもらうことがあります。これは、不動産会社が仲介することで売却を円滑に進めることができるからです。不動産会社は業務内容から報酬まで会社ごとに異なります。また、地域密着型の不動産会社を選ぶか大手の不動産会社を選ぶかによって不動産売却の成否が大きく変わるのも事実です。そこで、不動産会社を選ぶ際に一括サイトを利用しようとしている方や不動産会社に直接相談しようとしている方に向けてそれぞれのメリットやデメリットを紹介していこうと思います。不動産会社に直接相談しようとしている方は、地域密着型の不動産会社と全国展開している大手不動産会社でも紹介を分けているので参考にしてみてください。

その1 一括査定サイトを利用する

一括査定サイトとは、不動産情報や個人情報を入力フォームへ記入するだけで複数の不動産会社に査定を出すことができるサービスです。今までのように各不動産会社へ行き、不動産の査定をしてもらうのではなく、複数の不動産会社を比較することができます。こちらでは一括査定サイトのメリットとデメリットについても紹介していきます。

そもそも一括査定サイトってどんなサイト?

一括査定サイトとは、一度に複数の会社へ査定を申し込むことができるサービスです。今までは、複数の会社へ査定を受けようとすると各社へ個別で連絡を取る必要がありました。しかし、一括査定サイトを利用することで一度必要事項を入力するだけで複数社へ一括で情報を共有することが可能になったのです。
一括査定サイトの運営会社は、各査定会社から集客の対価を受け取りサイトの運営をしています。そのため、一括査定サイト利用者は無料でサイトを利用することが可能になっているのです。

不動産一括査定サイトを利用すべき人はどんな人?

ズバリ、不動産一括査定サイトを利用すべき人は「不動産会社と初めて取引をする」「現在査定してもらった金額に満足していない」の2つのパターンがあります。この2つのパターンに共通することは「査定額を信じることができない」ということです。
初めて不動産売却をしようと不動産会社へ行ったとしても、不動産につけられた査定に納得いかないことがあると疑心暗鬼になってしまいます。その後も、様々な不動産会社の査定額を聞くうちに「もっと良い査定をしてくれる会社があるのではないか」という気持ちになってしまい不動産が売却できないまま時間だけが過ぎてしまうことも珍しくありません。初めての不動産取引でも適正価格で取引をしたい・できるだけ時間をかけないで不動産取引をしたいと考えている方は一括査定サイトを使用するのも一つの方法ではないでしょうか。

一括査定サイトを利用するメリット

実際に不動産査定をするときに一括査定サイトを利用する際にはどのようなメリットがあるのでしょうか。デメリットを見る前に、メリットについて理解しましょう。

複数の会社に一度で依頼ができる

一括査定サイトで査定を求める最大のメリットともいえるのが「複数の会社へ査定の依頼を出すことができる」ということです。一括査定サイトを利用しなければ、査定してもらうためだけに不動産会社へ何度も足を運ばなければいけませんでした。
また、各不動産会社によって得意とする地域が異なります。不動産会社へ出向いてみたら、担当エリア外で対応してくれないという空振りに終わらないためにも一括査定サイトを上手に利用することが大切です。

相場を把握できる

不動産の査定額は不動産会社によって異なります。不動産会社へ出向き査定してもらっても、1社だけの査定額に過ぎません。その査定額を鵜呑みにしてしまうと、本来売れるべき価格で売却する機会を失ってしまいます。
そこで一括査定サイトを利用すると、その不動産に対する適正な査定額がわかるだけでなく、高く査定してくれる不動産会社を見つけることも可能です。複数の不動産会社の中から査定額を比較できることは一括査定サイトのメリットです。

依頼などの手間がかからない

不動産一括査定サイトは、入力フォームに必要事項を記載するだけで複数の不動産会社へ査定の依頼ができます。不動産会社へ出向く・電話やメールでやりとりをしないなど依頼にかかる手間が省けるという特徴があります。

一括査定のデメリットとは?
不動産会社から営業の連絡が多くなる

不動産一括査定サイトを利用して、不動産会社へ査定を依頼すると複数の不動産会社から査定をもらえるだけでなく、連絡も多くなります。これは、不動産会社からすれば他社よりも先に契約に繋げたいからです。一括査定サイトに登録している他社からも査定が出るからこそ、自社で契約を取りたいと思うのは必然ですよね。一括査定サイトを利用すると、複数社から複数回営業の連絡が来るでしょう。

地域特化の不動産会社が見つからない可能性がある

不動産一括査定サイトに不動産査定を依頼しても、住んでいる地域や不動産のある地域に対応していない可能性があります。その理由として、不動産一括査定サイトに登録されている不動産会社でなければ査定してもらえないからです。小さな町や人口の少ない地域では登録している不動産会社が少なく、査定してもらえないこともあるので注意が必要になります。

求める会社が登録されているとは限らない

不動産取引をするには、宅地建物取引業の免許が必要です。この宅地建物取引業の免許を取得している不動産会社は全国に12万以上あるといわれています。この他に、同一都道府県内で営業所を構えるときには「都道府県知事」からの許可が必要となり、2県以上に営業所を持つ場合には国交大臣から許可を得る必要があります。
不動産売却になると、不動産の現場を案内する必要があるため営業所を置いている近辺が営業エリアとなります。自分の希望する売却を実現するために最適な不動産会社があるとは限らないことも念頭においておきましょう。

一括査定サイトのメリットとデメリットを総まとめ!

今まで紹介してきたように一括査定サイトにはメリットとデメリットがそれぞれ存在します。不動産一括査定サイトのメリットである

  • ・複数の会社に一度で依頼ができる
  • ・相場を把握できる

以上のメリットを考えると、不動産取引の初心者や査定額・相場についてしっかり理解してから不動産売却を進めたいと考えている人にとっては不動産一括査定サイトを申し込んでみるのも一つの方法ではないでしょうか。
また、デメリットとして挙げられる

  • ・不動産会社からの営業の連絡が多くなる
  • ・地域特化の不動産会社が見つからない可能性がある

という点を理解して、良い意味で不動産一括査定サイトを利用するのが良いでしょう。不動産一括査定サイトは、今まで取引をしていた不動産会社とは別で新しい不動産会社に出会える機会だと思い一度利用してみてください。

その2 地域密着型の地元不動産に直接相談する

不動産会社の中でも地域に根付いた営業をしている不動産会社に直接相談することも念頭におきましょう。地域に根付いているからこそ、円滑に進むことがあります。しかし、その一方で予算や人員など弱みもあります。

地域密着型不動産に依頼するメリットとは?
地域の情報をよく知っている

地域密着型を謳っている不動産会社では、その地域出身者や地域に在住しているスタッフが多い傾向があります。地域で生活しているからこそ、地域の良し悪しも知っているのではないでしょうか。近くのスーパーや、夜の治安・美味しい居酒屋など近所の情報も教えてくれます。

融通が利きやすい、地元での人間関係!

地域密着型の不動産会社では、地域に住んでいる物件のオーナーさんと親身にしていることもあります。新しい物件や土地を探しているオーナーさんや、新しく不動産に興味を持っている地元の方など人脈を駆使して融通を利かせた起動力をみせてくれるかも知れません。

地域を限定しているからこその早さと対応力!

地域密着型の不動産会社は、その地域に密着しているからこそ対応している地域における対応の早さに定評があります。さらに、人脈などを使った対応もしてくれるためスムーズな契約が期待できます。

地域密着型の不動産に依頼するデメリットとは?
情報量が少ない可能性がある

テレビCMや地域の看板広告を出しているような大手の不動産会社は営業ルートが広域に設定されています。そのため、市町村レベルよりか都道府県レベルの情報が集まって来ることが多いです。一方、地域密着型の不動産会社では情報量で劣ってしまうことがあります。

ネットなどの販売力が大手より弱い可能性がある

インターネットのアクセス数は大手不動産会社の運営しているサイトの方が上位に表示されやすく、それに伴いアクセス数も増加する傾向があります。インターネットによる集客や販売力をみると地域密着型の不動産会社の方が弱い傾向が強いです。

担当者によって差が大きい可能性がある

地域密着型の不動産会社はスタッフ数が少ないこともあります。また、大手不動産会社のように優秀な人材を毎年確保できるというわけでもありません。不動産査定も担当者によってばらつきが出てしまうことがあるので注意しましょう。

その3 大手不動産に相談する

大手不動産は営業エリアが広い・人材が豊富にいるという強みがあります。しかし、大手不動産にしかない弱みがあるのも事実です。そこで、ここでは大手不動産に相談する際のメリットとデメリットを紹介していきます。

大手不動産に依頼するメリットとは?
顧客数・買主候補、宣伝費が豊富

大手不動産会社は豊富な購入希望者と宣伝費を抱えています。不動産を売却しようとしたら、多くの人に見てもらいその中から購入希望者を募集しますが、それらのベースが整っているため売却までの期間を短くできる可能性があります。例えば、大手不動産会社と言われている三井不動産には1ヶ月に10000件もの相談が寄せられているそうです。

会社独自のオプションがあるので売りやすい

大手不動産会社では、不動産を売却するときに自社独自のオプションを用意していることがあります。オプションの例として代表的なものとして瑕疵保証やホームステージングなどがあります。
瑕疵保証とは、不動産の不具合について引き渡しから一定期間の間は保証するという制度です。ホームステージングは、不動産の見た目をよくする制度です。これらのオプションをつけることでより不動産を購入しやすい環境作りをしてくれています。

大手不動産に依頼するデメリットとは?
両手仲介になる可能性が高い

両手仲介とは、不動産を購入する側と売却する側の両方から手数料をとることをいいます。大手不動産会社では、不動産を購入したいという相談件数も多いため購入側から手数料をとることもできます。
両手仲介で問題になるのは、不動産を売却したい側だけに味方してくれるわけではないということです。つまり、購入側にとって利益となる「不動産価格の減額」などを持ちかけてくることもあります。

特殊なケースに対応できない可能性がある

不動産は同じ条件のものがないに等しいほど個性的なものばかりです。土地や建物の形や周辺道路・駅とのアクセス環境など様々な要件が関わってきます。その中で、特殊なケースも存在します。例えば、特殊な形をした土地・建物の形などです。しかし、これらは欲しい人にとってみればすぐにでも欲しいお宝物件になります。
大手不動産会社では、特殊な事例に関しては労力がかかるため取り扱わないことがあります。

ビジネスライクに感じる

不動産の売却は一生に一度あるかないかといっても過言ではありません。その中で、せっかく売却するのであれば誠心誠意対応してくれる不動産会社がいいですよね。大手不動産会社では、営業マンの抱える案件数が多いためビジネスライクな対応をされること・ビジネスライクに感じることもあるでしょう。もちろん、営業担当者はそのようにしているわけではないですが、ドライさを感じることや営業担当者の技量によって売却まで時間がかかることもあります。

大手不動産会社と地元密着型不動産会社のメリット・デメリットのまとめ
大手不動産会社のメリット・デメリット
メリット  デメリット
・営業範囲が広範囲
・広告にかける予算がある
・購入希望者が多い
・両手仲介を取られる可能性がある
・ビジネスライクな対応をされることがある
・特殊な事例には対応してくれないことがある

こんなケースは大手不動産会社へ相談しよう!
【大通りに面している不動産や大きな土地・建物】

地域密着型不動産会社のメリット・デメリット
メリット  デメリット
・地域に根付いた情報を持っている
・スタッフが地域に詳しい
・スピード感のある営業をしてくれる
・スタッフによる能力にばらつきがある
・その地域でしか営業力がない可能性
・インターネットコンテンツで大手不動産会社よりもアクセス数が少ない傾向

こんなケースは地域密着型不動産会社へ相談しよう!
【住宅地の中の狭い土地や山奥のような土地】

PICK UP!イエジンがオススメする一括査定サイトとは?

さて、ここまで読んで見て不動産一括査定サイトを利用したくなっていませんか?次は、イエジンオススメの不動産一括査定サイト3選を紹介させていただきます。不動産一括査定サイトを利用して、信頼できる不動産会社に出会えると良いですね。

『イエジンがオススメする不動産一括査定サイト3選』の記事を読む

関連記事

  1. 【住宅ローンの返済が停滞すれば任意売却がおすすめ!どんな手順?】

  2. 不動産売却前にリフォームはした方がいいの?

  3. 保証会社から任意売却を勧められたら?注意点や対応の仕方を”総まとめ”!

  4. 不動産を売却したい!どのようにして値段を調べるの?

  5. 不動産売却の仲介手数料について詳しくなろう!

  6. 不動産売却時に生じる手付金について知っておきたいこと

Banner

  • 不動産一括査定サイト各社を徹底比較
  • 一括査定サイトと不動産に直談判どっちがいいの?
  1. 不動産を売却する際の広告費は誰が負担する?

    2019.04.24

  2. 不動産を売却したい!不動産業者の評判を把握するためには?

    2019.04.23

  3. 不動産を売却したい!キャンペーンは利用する方がいいか?

    2019.04.22

  4. 不動産を勝手に売却されたくない!どのような方法があるか?

    2019.04.21

  5. 事業用不動産を売却したい!どのような税金がかかるか?

    2019.04.20

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.19

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. 不動産を売却した時って、確定申告がいるの?

    2019.01.07

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

to top TOPへ戻る

お近くの不動産会社を探す