• and
  • or

空き家を早く売って譲る方法を紹介!空き家の活用術もあります

空き家問題は年々と浮彫になり、中には売却を考えている方や既に売りに出している方もいるのではないでしょうか。その中で「不動産業者にお願いしているがなかなか契約のお話が来なくて、どうすればいいか悩んでいる」と早く手放したくても中々上手くいかない方も多いのではないでしょうか。売れない不動産には理由があります。価格設定が適正ではない場合、物件に何か問題があるのかもしれません。今回の記事はなぜ不動産が売れないのか、どうしても売れない場合の活用方法を紹介していきます。

売りたい空き家が売れない理由は3つあります

それでは、まず売りたい空き家が何故売れないのかを紹介していきます。主な原因としては3つあり「価格に問題」「物件に問題」「不動産会社に問題」のいずれかに当てはまります。1つずつ詳しく紹介していきます。

価格に問題がある

空き家がなかなか売れない場合は価格に問題があります。不動産には実勢価格(不動産の時価)で取引されますので状況に応じて「相場」が変わってきます。この相場より高く設定している場合は購入者の候補に入っていない可能性があります。不動産は一生に一度の買い物とも言われていますので購入者もより慎重になっていることが多いです。

不動産業者も「高く売れる」アピールをしないと売主から媒介契約を締結をできないため、査定価格より高めに見積もりを取る傾向があります。その為、相場より高い金額を設定して売りに出すことがあります。問い合わせ・内覧が入らない場合は価格や条件に問題がある可能性が高いので値下げなどを考えて不動産業者に条件変更をする必要性があります。

物件に問題がある

内覧は入ってきているのに契約まで進まないという場合には物件に問題が考えられます。内覧希望者は価格や立地などの条件をある程度把握した上で、見学を行いますので希望価格と大きくズレていたとしても「買わない」ということは考えにくいです。この場合は、内覧時の印象が悪く成約に至らなかった可能性があります。周辺の状況や駐車場が見た目より使いにくい、資料よりも古く感じてしまったなど現地に行ってみないとわからないことが原因のと思われます。不動産業者に何故成約に至らなかったのかを聞き出して改善できるところは、積極的に行うといいでしょう。

特に、空き家の場合は放置されている事が多いのでカビなど見た目が悪い場合があります。ポイントを押さえて、綺麗にするだけでも見た目が変わり良い印象を与えます。また内覧前には空気の入れ替えを行うだけでも雰囲気が変わりますので、事前に不動産会社に実施するように依頼しておきましょう。

不動産業者に問題がある

売却ができない理由としてはそもそも不動産業者に問題がある場合も多いです。「大手だから空き家も簡単に売れる」と思って大きい会社に頼む方も多いかもしれませんが、不動産業者はそれぞれ得意分野があります。マンション売買を得意としている業者や田舎にある古民家を売る事に長けた業者など一長一短があります。一定期間依頼して効果が出ない場合は、不動産業者の変更も視野に入れなければなりません。また、不動産会社と締結する媒介契約には3種類あり見合った契約をしているか確認する必要があります。

  • ・複数社への依頼と自分で取引先を見つける事ができる「一般媒介契約」
    ・複数社へ依頼はできないが取引先を見つける事ができる「専任媒介契約」
    ・どちらもできない「専属専任媒介契約」
    自分にとって、どれが一番スムーズに契約を行えるか十分に検討して契約方法を決めることをお勧めします。

販売地域を絞ることで小さくても空き家を売ることが得意な業者の可能性もあります。事前に調べて信頼できる業者を見つけたら「専任媒介契約」か「専属専任媒介契約」を締結することで業者の販売活動も変わってくる可能性があります。

空き家を早く売って譲りたい!その方法とは?

税金の支払いや管理の手間から早く空き家を譲りたい方は次に紹介する方法で早期に売る可能性が高まります。ただし、その反面デメリットもありますので注意しましょう。

空き家バンクを使う

空き家バンクとは空き家を購入したり借りたい人に対して情報を提供するサービスです。運営は自治体が主体となっているため信頼度が高く、敷居が低いことから様々な人が利用して話題となってきています。空き家バンクを利用して物件を見つけた人には、リフォーム費用などの補助金を出したり、個人間取引の場合は仲介手数料がかからないなど手厚いサポートを実施しています。

デメリットとしては審査の結果登録できない可能性もあります。また、不動産業者が入らない事も多いので買い手と売り手が直接交渉する必要があり、最後になって交渉が決裂となりトラブルを負うリスクも必要となります。

不動産業者に買い取ってもらう

不動産業者に仲介をするのではなく買い取りを依頼することで手放させるスピードが早くなります。査定から決済まで3週間で完了することもありますので、早く売却したい場合には最も適している方法と言えます。

デメリットとしては買い取りを依頼すると相場よりも安い価格で売却しなければなりません。不動産業者も買い取った後、市場に出すため安く手に入れないと利益が出ないためです。

それでも売れないのであれば活用する方向も考えましょう

様々な方法で空き家を売却しようと動いたけど売れなかった場合は空き家を上手に活用する方法を一層のこと考えてみてはいかがでしょうか。次は、空き家を活用する方法を紹介していきます。

空き家を使って地域に貢献できます

空き家を自治体などに利用してもらい、地域活性化に貢献する方法があります。お金にならないかもしれませんが利用してもらうことで、管理してもらえます。その為、メンテナンスをする手間が省けるのでメリットとして高いはずです。空き家の問題が解消されて地域に貢献できますので一石二鳥とも言えます。

リフォームをして貸し出すのもありです

空き家の一番の活用方法は住居用として貸すことが挙げられます。空き家の設備に故障や不備がなければハウスクリーニングを行って賃貸に出すことも可能です。状況が良くない場合は修理やリフォームを行ってから貸し出しを行うのも活用方法の1つとなります。

また住居用として貸し出すだけでなく観光地では古い建物をリフォームして民泊施設として利用することもできます。日本は観光立国を目指しているのでホテル不足を解消する手段として有効といえます。ただ民泊には利用者への規約や近隣への理解が必要になりますので事前に話し合わないといけない部分が多くなるでしょう。この他にもシェアハウスや貸店舗としてレンタルできる物件として活用することができます。

更地にして駐車場として貸し出すのもありです

市場調査をしてから着手することが前提になりますが、空き家を取り壊し更地となれば駐車場として、貸し出すことも1つの活用方法と言えます。観光地であれば車で来る方が多いので、駐車場にすることで安定した収入を得られる可能性があります。

まとめ

空き家を手放したいがなかなか売れない場合は価格を見直したり、業者に買い取りを依頼すすることで早く売ることができます。それでも上手くいかない場合は一度活用方法を考えてみてはいかがでしょうか。リフォームを行い綺麗にすることで様々な使い道が出てくる可能性があります。どうしても思いつかない場合は一度自治体に利用してもらい、空き家の様々な問題を解決してもらいながら、時期を見て改めて売りに出すことで買い手がみつかるかもしれません。

関連記事

  1. 任意売却したい!任意売却専門業者に頼むのがおすすめ

  2. 東京のマンション買取相場ってどれくらい?売却の流れや注意点を詳しく説明

  3. 不動産を売却したい!売却益にかかる税金は?

  4. 不動産売却の仲介手数料について詳しくなろう!

  5. マンション売却で一番大事なのは「掲載写真」?写真の撮影やポイントまとめ

  6. 新築マンションをお得に買い取ってもらうには?

Banner

  1. 【三島市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.04.10

  2. 【三島市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.10

  3. 【御殿場市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選…

    2024.04.08

  4. 【御殿場市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.08

  5. 【富山市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.03.12

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

to top TOPへ戻る