• and
  • or

名古屋のマンション買取相場ってどれくらい?売却の流れや注意点を詳しく説明

「名古屋でマンションを売るとしたらどれくらいが相場なの?」
「マンションを買取してもらうにはどんな手順がいるの?」

このようにマンションの買取手順や相場についてお悩みではないですか?
実はマンションの買取にかかる手間は難しくないんです!

ここでは、マンションの買取について必ず知っておきたいポイントを詳しく紹介します。
この記事を読めば、マンションをスムーズに買取してもらうことが可能です!

マンションをスムーズに買取してもらうために

マンションは売り出してからスムーズに売れることもあれば、そうはいかないことも勿論あります。この項目ではマンションをスムーズに売却するために知っておきたい事をそれぞれ詳しく説明していきます。

初めてマンションを売却する場合は特に不安になると思いますが、全体の流れや売却にかかる期間など参考にしてもらえればと思います。

マンション売却の流れ

不動産会社にお願いして、後は売れるのを待つだけと思われがちですが、マンションが売れるまでには意外と多くのステップがあります。

  • 無料査定 売却に関する相談や価格の提示
  • 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 購入希望者を探す(内覧)
  • 購入者と売買契約を行う
  • 引き渡しの準備
  • 引き渡し

マンションを引き渡すまでには、以上の工程が必要なのです。全体の流れを掴んでいるのと掴んでいないのでは、実際に売却する際に大きな違いが出ます。

例えば媒介契約を行えば次はホームページやチラシなどに掲載されるため、内覧希望があるかもしれないと言うことが分かっていれば、直前で慌てて掃除することがなく、早めに対処することが可能です。以上の工程を詳しく説明していきます。

無料査定 売却に関する相談や価格の提示

まず売り出したいマンションの調査などを行います。査定方法を元に売り出し価格や、いつごろまでに売却したいかなど、無料で査定を行います。期間や売却に関する相談をする工程です。

信頼出来る不動産を見つけるまで、何社査定受けてもかまいません。1社ずつ査定を申し込むのが面倒な場合は、一括査定を行うのが良いでしょう。

不動産会社と媒介契約を結ぶ

契約したい不動産会社が見つかったら、実際に契約を結びます。不動産会社との契約を媒介契約と呼び、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。

一社だけにお願いするのであれば、専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を結びます。この2つの違いは、個人取引の有無です。専属専任媒介契約では、個人的に買主を見つけたとしても契約することが出来ません。

数社と契約をするのであれば、一般媒介契約を行いましょう。専任媒介契約では、複数の不動産と契約することが出来ませんが、一般媒介契約であれば複数の不動産会社と契約を結ぶことが可能です。

購入希望者を探す(内覧)

媒介契約を結ぶと、ホームページやスマートフォンサイト、物件情報サイトなどへの掲載が始まります。広告の内容など希望がある場合は、媒介契約時に話しておきましょう。

購入者と売買契約を行う

購入希望者が見つかれば、価格などお互い希望の条件を話し合い、お互い合意できたら売買契約を締結します。この際購入希望者に物件の状況などの説明を行います。

引き渡しの準備

買主にマンションを引き渡すために、家の中の清掃や、引っ越しの準備を行います。それまでの公共料金の支払いなども済ませておきましょう。また管理費積立は返ってこないため注意が必要です。

引き渡し

買主様から残代金を受け取り、支払いが完了すれば、鍵と「不動産引渡確認証」などの書類を渡して、物件を引き渡します。以上で不動産売却の全行程が完了となります。

査定方法

不動産の査定方法は主に3つの種類があります。それぞれの査定方法について詳しく説明していきます。

原価法

原価法はその物件の再調達価格を元にマンションの価格を算出します。再調達価格とは、そのマンションをもう一度建てた場合どれくらいの費用がかかるのを表しています。

計算式は次の通りです。
「積算価格=(総面積 x 単価) x (残存年数 ÷ 耐用年数)」

収益還元法

収益還元法は、物件が将来生み出すであろう収益から管理費を差し引き、利回りで割ったものとなります。賃貸マンションなどに適用される算出方法で、売買ではあまり使われないものです。

計算式は次の通りです。
「年間賃料総額(年間収益ー管理費) ÷ 還元利回り = 査定価格」

取引事例比較法

取引事例比較法は、売り出そうとしているマンションと同じ地域、同じ築年数、同じ価格帯の成約事例を元に算出されます。それらのマンションから坪単価を算出して価格を適用します。現在、日本の不動産業界では中古物件の評価方法として一般的です。

過去の取引データがあれば、売主的にも納得しやすく確実です。ただし売り出すマンションと似た物件を選ぶのは、勿論不動産会社であるため、その方法は感覚的なものになるため、価格差が生じることもあります。

売却期間

売却期間は平均で3カ月です。マンションは早く売れるほど高く売ることが出来ます。例えば最初2000万円で売り出してた物件が、4ヶ月後に2100万円になってたらだれも購入しなくなってしまいます。

しかし最初に2100万円で売り出していた物件が、4ヶ月後に2000万円になっていたとしたら、購入希望者としてはお得感が増します。このように期間が伸びるにつれて、取れる選択肢は値下げしかありません。

そのため一番最初の売り出し価格がMAXだと考えた方が良いです。できれば半年を目安に売り切りたいところです。

内覧がこない、内覧は来るけど中々売れない

売れない場合には内覧が来ない場合と、内覧はあるけど中々売れない2パターンがあります。長い期間内覧が来ない場合は、そもそも需要が少ない場合があります。この場合は価格を下げる他打つ手がありません。場合によっては業者買取も視野に入れた方が良いです。

内覧はあるけど中々売れない場合は、必ず買うには至らない理由があります。例えば間取りが思ってたのと違うことや、思ってたより狭いなどです。なぜ売れなかったか理由を聞かなければ対策しようがないので、必ず不動産会社になんで購入されなかったかを聞くようにしましょう。

名古屋市の中古マンション価格相場について

名古屋市 中古マンション価格相場 [平均値]
平均相場 1,889.2 万円(29.7 万円/㎡、98.1 万円/坪)
・平均築年数  21.8 年
・平均駅距離  8.7 分
・平均専有面積 63.6 ㎡(19.2 坪)

愛知県 名古屋市における中古マンション価格の平均値は坪当たり 104.1 万円です。2017年と比べて、2018年は価格相場が上昇傾向にあります。

名古屋市の査定額の相場をさらに詳しく知りたい方へ

自分の物件の査定額相場をさらに詳しく知りたい方は、一括査定をしてみることをおすすめします。複数の業者に一括で査定申込できるだけではなく、多くの業者の査定金額を比較することも可能です。また合わせて相場も知ることができるため、売却を考えている方はまず査定を受けてみることをおすすめします。

関連記事

  1. 不動産売却のメリットやリスクとは?

  2. 新築マンションをお得に買い取ってもらうには?

  3. 不動産を売却する!どのような進め方がおすすめか?

  4. 任意売却はすぐに行うべき?時間をかけるべき?適切な売却と引っ越しの時期とは。

  5. 東京のマンション買取相場ってどれくらい?売却の流れや注意点を詳しく説明

  6. 不動産を売却したい!どのようにして値段を調べるの?

Banner

  • 不動産一括査定サイト各社を徹底比較
  • 一括査定サイトと不動産に直談判どっちがいいの?
  1. 楽しめながら不動産の知識を学べる!イエジンおすすめの漫画「正直…

    2019.05.24

  2. 不動産を売却する際の広告費は誰が負担する?

    2019.04.24

  3. 不動産を売却したい!不動産業者の評判を把握するためには?

    2019.04.23

  4. 不動産を売却したい!キャンペーンは利用する方がいいか?

    2019.04.22

  5. 不動産を勝手に売却されたくない!どのような方法があるか?

    2019.04.21

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. 不動産を売却した時って、確定申告がいるの?

    2019.01.07

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

to top TOPへ戻る

お近くの不動産会社を探す