• and
  • or

【石川県版】相続した実家・空き家のおすすめ活用方法4つ

おすすめの活用方法4選 一覧

1.アパート経営をする
2.戸建て賃貸経営をする
3.駐車場経営をする
4.サービス付き高齢者住宅経営をする
【番外編】売却する

1.アパート経営をする

1.アパート経営をする

【石川県で「アパート経営をする」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

金沢市、野々市市

土地活用法として、最初におすすめするのはアパート経営です。
初期投資が高額になりますが、安定した長期収益が期待できます。さらに、相続税対策としても有効であるため、人気の土地活用です。

石川県には石川県立大学をはじめ13の大学があり、人口10万人あたりの大学・短大数は全国1位(令和4年)にランクインしています。大学在学者の人数も令和4年は32,220人、令和5年は32,303人と微増傾向にあり、アパートの需要は高いエリアです。

アパート経営を行う場合、相続した実家や空き家を解体してアパートを新築する必要があります。
初期費用のうち最低でも全体の1割は自己資金で準備が必要なため、資金に余裕がないと経営は難しいでしょう。

特に交通利便性がよく駅から近いエリアでのアパート経営は、空室リスクが少なく安定した収入が得られます。
需要の多いターゲット層の特徴を掴み、そのターゲットに合った間取りや設備が整った建築計画をたて、競争力の高い物件を建てましょう。

また利用者に長く住んでもらうためには管理体制も重要です。
理を業者に委託する場合は、委託手数料の金額だけで判断せず、共有部分の清掃や入居者とのトラブル対応をきちんと行っているかもチェックしましょう。

参考:石川県庁県民文化スポーツ部「令和4年(2022年)版 石川100の指標」
参考:文部科学省総合教育政策局調査企画課「文部科学統計要覧(令和4年版)」
参考:文部科学省総合教育政策局調査企画課「文部科学統計要覧(令和5年版)」

2. 戸建て賃貸経営をする

2. 戸建て賃貸経営をする

【石川県で「戸建て賃貸経営をする」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

野々市市、白山市、金沢市

相続した実家や空き家の活用法として、一戸建てのまま貸し出すのもおすすめです。
必要に応じて、リノベーションやリフォームが必要ですが、アパート経営に比べ初期投資が少なくて済むことが大きな利点です。

石川県で特に注目されているのが野々市市です。
野々市市は金沢市のベッドタウンとしても人気があり「街の住みここちランキング2023<石川県版>」では5年連続で1位にランクイン、「住みたい街ランキング2023<石川県版>」でも5年連続で2位にランクインしています。

戸建て賃貸経営はファミリー層のニーズが高く、アパート経営に比べて長期間の入居が見込まれるため、安定的な収益が見込めます。
アパートの賃貸経営に比べれば大きな収益は見込めないものの、初期投資が少なく、始めやすいのが特徴です。

注意すべきは空室リスクで、何室もあるアパートと違い、空室の間は収益がなくなってしまいます。
きちんと計画を立てて経営に取り組むとよいでしょう。

参考:野々市市役所市民協働課|野々市市が各種ランキングで上位の評価を受けました!

3.駐車場経営をする

3.駐車場経営をする

【石川県で「駐車場経営をする」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

金沢市

駐車場経営は、建物の建設が不要で比較的少ない初期投資で始められるため、土地活用の手軽な選択肢として人気があります。
狭小地や変形地でも実現可能であるため、様々な土地で始めることが可能です。

駐車場経営には主に以下の2つの形態があり、土地に合った経営をすることが大事です。

  • 月極駐車場・・・住宅地向け
  • コインパーキング・・・商業地や観光地向け

石川県は1世帯あたりの車の保有率が全国13位にランクインしており、駐車場のニーズはやや高いといえます。
特に金沢市は観光スポットが多数あるため、周辺エリアではコインパーキングの需要が高いでしょう。

注意点としては、アパート経営などと比べて高収益を期待するのは難しく、収益は土地の立地や規模に大きく依存することです。
基本的には「固定資産税の支払いになればいい」くらいの気持ちで土地活用したい方に向いています。

駐車場経営を成功させるためには、地域における駐車需要と競合状況をしっかりと分析し、市場に合った計画を策定することが必要です。

参考:自動車検査登録情報協会「自家用乗用車(登録車と軽自動車)の世帯当たり普及台数」

4. サービス付き高齢者住宅経営をする

4. サービス付き高齢者住宅経営をする

【石川県で「サービス付き高齢者住宅経営をする」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

金沢市、野々市市をはじめ広域で需要あり

×

サービス付き高齢者住宅(以下、サ高住)の経営は、地域社会への貢献と収益性を兼ね備えた土地活用法です。

サ高住とは「高齢者向けのバリアフリー住宅」のことで、要介護度が低い高齢者を対象にしたものになり、高齢者の住宅不足に対処することを目的として平成23年の「高齢者の居住の安定確保に関する法律」改正によって導入されました。

石川県では少子高齢化が進んでおり、令和2年10月1日の段階で人口の30.0%が高齢者となっています。今後も同様の傾向が進むとみられ、団塊の世代が高齢者となる2025年、そして団塊ジュニアが高齢者となる2040年に向けて対策が求められています。

参考:石川県「石川県長寿社会プラン2021」

社会から需要が高まっているサ高住の経営には、以下のようなメリット・デメリットが考えられます。

【サ高住を経営するメリット・デメリット】

メリット

  • 立地条件は重要視されない
  • 建築費の補助制度がある
  • 税金の軽減措置の対象になる

デメリット

  • 敷地が最低200坪以上必要
  • 高額な初期投資(参考:20戸用で約1億~2億円)がかかる
  • 用途変更が難しい

初期投資は高額になりますが、建築費の補助や税制面での優遇措置があることから、地域貢献をしながら長期的に経営をしたい方に向いています。

運営においては、「一棟貸し」形式で管理を専門事業者に委託するのが一般的であり、運営に関わる手間はありません。

サ高住の経営を成功させるには、不動産会社や専門事業者との慎重な協議が必要です。

参考:石川県「サービス付き高齢者向け住宅の登録について」

【番外編】売却する

5.【番外編】売却する

【石川県で「売却する」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

石川県全域

不動産の売却は相続した不動産を手放す事になりますが、もっともリスクが低く現金化が可能な方法になります。

特に、土地活用に向かない立地の物件を相続した方や、固定資産税の負担が重いと感じている方にとって、売却は有効な選択肢です。
長期的な収益を求めない方に適していると言えるでしょう。

相続した家が需要の高いエリアにある場合、迅速かつ高価での売却も可能です。
仮に築年数が経った築古物件でも、中古物件を求める方はリフォームを前提としているケースが多く、売却を諦める必要はありません。

売却を希望しているのならば、まず不動産会社へ相談することをおすすめします。

これらの記事もお薦めです。

関連記事

  1. 【石川県版】不動産相続&売却の流れと手続きマニュアル

  2. 【2023年版 総合】石川県 相続不動産の売却相場解説と予測

  3. 【石川県版】相続時におすすめの不動産会社10選

  4. 【金沢市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

  5. 【金沢市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

  6. 【石川県版】「不動産相続に伴う売却」事例集

Banner

  1. 【三島市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.04.10

  2. 【三島市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.10

  3. 【御殿場市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選…

    2024.04.08

  4. 【御殿場市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.08

  5. 【富山市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.03.12

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

to top TOPへ戻る