• and
  • or

【熊本県版】相続した実家・空き家のおすすめ活用方法5つ

おすすめの活用方法5選 一覧

  1. 1.戸建てのまま賃貸経営する
  2. 2.アパート・マンションに建て替えて賃貸経営する
  3. 3.リノベーションしてコミュニティ施設として活用する
  4. 4.民泊運営をする
  5. 5.相続した土地で太陽光発電として活用する

1.戸建てのまま賃貸経営する

【熊本県で「戸建てのまま賃貸経営する」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

熊本市、菊陽町、合志市、大津町、益城町

実家や空き家を活用する有効な方法として、「リノベーション」や「リフォーム」を行い、賃貸物件として提供する方法がおすすめです。
おすすめする大きな理由は、熊本県では転入者が増え、住宅ニーズが高まっているからです。
世界最大手の半導体メーカーTSMCの工場建設や関連企業の熊本進出があり、熊本県では転入者が増加傾向です。特に人口増加が顕著な菊陽町や近隣地域(合志市、大津町、益城町)では賃貸物件が不足しており、高い需要が見込まれます。

また、戸建て賃貸経営はアパート経営に比べ初期費用が抑制でき、長期間の居住が期待できる点も魅力的です。
ただし、地域のニーズを見誤ると入居者が集まらない可能性があり、収益喪失のリスクがある点も留意しましょう。

2.アパート・マンションに建て替えて賃貸経営する

【熊本県で「アパート・マンションに建て替えて賃貸経営する」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

熊本市

×

アパート・マンションへの建て替えは初期投資が高額なため、始めやすいとはいえませんが、地域のニーズをきちんと掴み、需要にあった物件を建てることで長く安定した収益性を見込めます。

熊本県では半導体メーカーTSMCや関連企業が熊本市周辺の地域に進出したことに伴って、熊本市内のマンション需要が高まっています。
熊本市内に一定の大きさの土地をお持ちなら、単身者向けからファミリー層向けまで幅広い需要が見込まれるため、アパート・マンションの賃貸経営はおすすめです。

注意点としては、高額な初期投資が必要となることと、適切な土地の広さが求められます。駐車場付きのアパートを建設する際には、最低でも80坪以上の敷地面積が必要です。
また、地域のニーズを見誤ると、入居者が集まりにくくなる可能性があります。その点はリスクとして考えておくべきでしょう。

3.リノベーションしてコミュニティ施設として活用する

【熊本県で「リノベーションしてコミュニティ施設として活用する」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

広域で需要あり

使用予定がない空き家をリノベーションして、コミュニティ施設としての活用法も選択肢に入れてよいでしょう。コミュニティ施設としての活用には、複数のメリットがあります。
1つ目は、公共団体への施設貸し出しにより、一定の収益を期待できることです。
2つ目は、一戸建て賃貸とは異なり、特定の都市部に立地している必要はありません。対象となる空き家が集落の中心近くにあれば十分です。
また、一定の条件を満たせば、「熊本県空き家活用促進モデル事業補助金」の助成金申請も可能です。賃貸経営と比較してリスクが相対的に低いといえます。

詳しくはこちら:熊本県庁住宅課「空き家活用促進モデル事業補助金」

ただし、収益性が高いとはいえません。さらに、地域コミュニティ内での需要が確保されない場合、改装費用が負債に転じるリスクもあります。
そのため、コミュニティ施設への改修を始める前に、行政機関への相談をおすすめします。

4.民泊運営をするす

【熊本県で「民泊運営をする」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

熊本市中央区、阿蘇エリア、天草エリア

民泊ビジネスは、空き家やマンションの一室を旅行者に貸し出す方法として、近年注目を集めています。
熊本県では、熊本市中央区や阿蘇エリア、天草エリアといった主要観光地に民泊の需要が集中しています。
民泊の場合、古い空き家でもその古さを活かしたリノベーションやリフォームを行うことで、国内外の観光客からの人気を集める可能性が高いです。

ただし、ビジネスとしての民泊運営にはいくつかの注意点があります。その中でも最も重要な注意点は「収益が不安定」なことです。
観光客がメインの利用者になるので、宿泊単価と宿泊日数がトレンドや外的要因(コロナ禍等)に左右されやすく、安定しません。

また、マンションの場合、管理規約で民泊が禁止されていることもあります。
民泊運営はリノベーション等の初期費用がかかりますが、事業の中止も自由であるため、リスクは相対的に低いといえます。さらに、管理を自身で行うか外部に委託するかで運営の難易度や収益が変動しますので、計画段階で十分な検討が必要でしょう。

5.相続した土地で太陽光発電として活用する

【熊本県で太陽光発電として活用する適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

広域で需要あり
都市部よりも郊外
(小国町、菊池市など)

相続した土地に地上型の太陽光発電パネルを設置するのは、人気の活用方法の一つです。
再生可能エネルギーで発電した電気は、一定期間、固定した価格で買い取られる制度(FIT制度)があるため安定した収入が期待できます。

熊本県の場合、相続不動産が熊本市街地のような人気エリアなら活用方法の選択肢は豊富ですが、郊外ですと土地活用や売却が困難な場合があります。
その点、地上型の太陽光発電の設置は集客や立地に依存せず、郊外でも問題なく行える点が大きなメリットです。

また、熊本県は「晴れの日が多い」「日照時間が長い」など太陽光発電に適した気候条件が整っています。そのため、個人から企業まで参入事例は多く、山都町と高森町では九州最大規模のメガソーラー発電施設がすでに稼働中です。
ただし、将来的な売電価格の低下や設備の損傷などのリスクもあります。また、近隣が住宅地の場合、パネルの反射によるトラブルも考慮する必要があります。
相続した土地での太陽光発電の導入には、事前調査と複数の見積もりが大切です。

これらの記事もお薦めです

関連記事

  1. 【熊本県版】「不動産相続に伴う売却」事例集

  2. 【熊本市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

  3. 【熊本県版】相続した空き家・実家の売却におすすめの不動産屋さん10選

  4. 【熊本市版】相続時におすすめの不動産屋さんランキング

  5. 【熊本県版】不動産相続&売却の流れと手続きマニュアル

  6. 【2023年版 総合】熊本県 不動産売却の動向と予測

Banner

  1. 【徳島県版】離婚×不動産売却におすすめの不動産会社8選

    2024.05.23

  2. 【徳島市版】離婚に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.05.23

  3. 【徳島県版】「離婚に伴う不動産売却」事例集

    2024.05.23

  4. 【徳島県版】離婚に伴う不動産売却の流れ (手続き) マニュアル

    2024.05.23

  5. 【徳島市版】離婚×不動産売却におすすめの不動産屋会社ランキング

    2024.05.23

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

to top TOPへ戻る