• and
  • or

【広島県版】相続した実家・空き家のおすすめ活用方法5つ

おすすめの活用方法5選 一覧

  1. 1.戸建て賃貸経営をする
  2. 2.民泊経営をする
  3. 3.アパート経営をする
  4. 4.更地にして土地を貸し出す
  5. 5.売却する

1. 戸建て賃貸経営をする

1. 戸建て賃貸経営をする

【広島県で「戸建て賃貸経営をする」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

広島市(安佐南区、西区、南区)府中町、海田町、東広島市、福山市など

戸建て賃貸経営は相続した実家や空き家を賃貸物件として貸し出し、家賃収入を得る活用方法になります。

広島県では広島市を中心にそのベッドタウンである府中町、海田町、東広島市は通勤・通学の便がよくファミリー層が暮らしやすい住宅街が形成されているため、戸建て賃貸経営に向いています。

広島県では広島市を中心にそのベッドタウンである府中町、海田町、東広島市が戸建て賃貸経営に向いています。通勤・通学の便がよく、ファミリー層が暮らしやすい住環境のため、一定の需要が見込めます。

相続した物件の状態が良ければ、水回りなどの最低限のリフォームで済むため、比較的初期費用がかからずはじめやすい活用方法です。
築年数や建物の傷み具合によってはリフォームに多額の費用がかかるので、売却や買取もあわせて検討しましょう。

入居者がファミリー層の場合がほとんどで長期契約となる事が多く、一度借主が決まってしまえば長期にわたって定収入が得られるメリットがあります。
一方で、借主がファミリー層に限られてしまうため、契約終了後は次の借主がなかなか見つかりにくいというデメリットもあります。

2. 民泊経営をする

2. 民泊経営をする

【広島県で「民泊経営をする」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

広島市、廿日市市、尾道市、福山市を中心に広島県全域

民泊は相続した実家や空き家を宿泊施設として利用する土地活用方法になります。物件が観光地にある場合におすすめです。

広島県の観光客数は平成25年以降6年連続で増加していましたが、近年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大きく減少しました。しかし、令和4年以降はコロナ禍の影響が薄れ、国内外からの観光者数は広島県全域で増加傾向にあります。
市区町村別にみると広島市や廿日市市、尾道市は年間500万人以上の観光客が訪れており、特に外国人旅行者は民泊を好んで利用する事が多いため、民泊経営に向いているエリアと言えます。

広島県で民泊経営を行う方法は主に2種類あります。

  • 始めやすいが収益性が低い「民泊新法(住宅宿泊事業)」
  • 立地条件や設備条件のハードルは高いが収益が安定し易い「旅館業法(簡易宿所)」

収益性の大きな違いは年間営業日数です。
「民泊新法(住宅宿泊事業)」は180日未満の制限があり、この期間以外でも収益をあげる工夫が必要です。
一方「旅館業法(簡易宿所)」は365日営業可能なので季節を問わず観光客の多い広島県では安定した収益が見込めます。

民泊は観光客の動向に左右されるため、新型コロナウイルスの感染拡大などの予期せぬ事情で経営困難となるリスクがあるため、3か月分程度の必要経費を手元にストックしておきましょう。

参考:広島県公式ホームページ  令和4〔2022〕年広島県観光客数の動向

3.アパート経営をする

3.アパート経営をする

【広島県で「アパート経営をする」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

広島市、福山市、東広島市、府中町、海田町、など

アパート経営は初期費用がかかりますが、長期的に安定した収入を得る事ができるため、資産運用として人気の土地活用方法になります。

広島市は企業の支店や営業所の他、公立・私立の大学キャンパスも集中しているためアパート需要が高いエリアです。
また福山市は瀬戸内海沿岸の中央に位置する立地の良さから大規模な工業地帯があり、雇用が安定しています。従業員が多いため、アパート経営に向いているエリアといえます。

アパート経営を行う場合、相続した実家や空き家を解体してアパートを新築する必要があります。
初期費用のうち最低でも全体の1割は自己資金で準備が必要なため、資金に余裕がないと経営は難しいでしょう。

利便性がよく人の動きが活発なエリアでのアパート経営は、空室リスクが少なく安定した収入が得られます。
需要の多いターゲット層の特徴を掴み、そのターゲットに合った間取りや設備が整った建築計画をたて、競争力の高い物件を建てましょう。

また利用者に長く住んでもらうためには管理体制も重要です。管理を業者に委託する場合は、委託手数料の金額だけで判断せず、共有部分の清掃や入居者とのトラブル対応をきちんと行っているかもチェックしましょう。

4. 更地にして土地を貸し出す

4. 更地にして土地を貸し出す

【広島県で「更地にして土地を貸し出す」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

広島市、東広島市、福山市、廿日市市など広域

「土地の貸し出し」は相続した家屋を解体して更地にし、土地を貸し出す土地活用法です。
土地を借りた事業者はアパートを建設し賃貸経営を行ったり、店舗や事務所を構えたりと、借りた土地で事業を展開します。建物の建設費は事業者が支払うため、初期費用の負担がありません。
広島市や福山市などの都市部のなかでも商業地、または商業地に近いエリアは借主ニーズがあるので、土地の貸し出しに向いていると言えるでしょう。

初期費用や維持費がかからずに安定した収入が得られるメリットがありますが、そもそもニーズがない土地では成立しない事や、契約内容によっては半永久的に土地を貸し続ける事になり、他の目的で自由に転用できないリスクがあります。

契約形態は主に「普通借地権」「定期借地権」の2つで、「借地関係の終了」において大きな違いがあります。

【借地権の種類】

普通借地権

定期借地権

一般
定期借地権

建物譲渡特約付
借地権

事業用
定期借地権

契約期間

30年以上

50年以上

30年以上

10年以上
50年未満

利用目的

制限なし

制限なし

制限なし

事業用

更新後の期間

1回目20年、
2回目以降は10年

なし

なし

なし

借地関係の終了

正当な事由が
なければ更新

期間満了

建物譲渡

期間満了

「普通借地権」は土地が戻ってこないリスクがあるため、多くのケースで期間満了となれば基本的に土地は返還される「定期借地権」が選択されています。

土地の貸し出しは、維持管理費がかからず節税対策にもなります。長期的に土地を有効活用したい方は、不動産会社などの専門家に相談してみましょう。

5. 売却する

5. 売却する

【広島県で「売却する」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

広島県全域の住宅地など

相続した実家や空き家を活用する予定がない場合、「売却」は手早く現金を得る事ができる方法です。

そもそも土地需要がない、土地の形状が悪いなどの理由で有効な土地活用方法を見出しにくい場合や、管理や税金の負担から解放されたい方は「売却」を検討しましょう。

売却には仲介手数料などの諸経費や譲渡所得税がかかるため、手元に残る現金が想定より低くなるリスクも考えておきましょう。

譲渡所得の控除には保有期間により税率が軽減される制度や、空き家を売却した際に受けられる特例があります。適用には複数の条件があるため、不動産会社に相談して売却プランを考えましょう。

これらの記事もお薦めです

関連記事

  1. 【広島市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

  2. 【広島県版】不動産相続&売却の流れと手続きマニュアル

  3. 【広島県版】相続時におすすめの不動産会社10選

  4. 【2023年版 総合】広島県 相続不動産の売却相場解説と予測

  5. 【広島県版】「不動産相続に伴う売却」事例集

  6. 【広島市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

Banner

  1. 【三島市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.04.10

  2. 【三島市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.10

  3. 【御殿場市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選…

    2024.04.08

  4. 【御殿場市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.08

  5. 【富山市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.03.12

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

to top TOPへ戻る