• and
  • or

【徳島県版】相続した実家・空き家のおすすめ活用方法5つ

おすすめの活用方法5選 一覧

  1. 1.アパートに建て替えて賃貸経営する
  2. 2.戸建てのまま賃貸経営する
  3. 3.民泊経営をする
  4. 4.サテライトオフィスとして貸し出す
  5. 5.不動産屋会社に買取を依頼する

1.アパートに建て替えて賃貸経営する

【徳島県で「アパートに建て替えて賃貸経営する」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

徳島市、鳴門市、松茂町、阿南市

×

実家や空き家の活用方法として代表的なものの一つは、アパートの賃貸経営です。
アパートの建築費用など高額な初期投資や、土地の広さも必要となるため、アパート経営をできる人は限られるかもしれません。
ただし、アパート経営が成功すれば、長期にわたり安定した高収益を期待することができます。

例えば、徳島県内には徳島大学や鳴門教育大学などいくつかの大学があり、大学周辺では学生向けの住居として需要が一定しています。
また、県内には日亜化学工業や大塚製薬工場といった大手企業が点在しており、転勤者向けの住宅需要も見込めます。

しかし、ニーズに合わせた適切な立地や建物ではないと、空室が増えたり、維持コストが収益を上回ったりといった問題が発生し、投資回収が難しくなるリスクもあります。
そのため、不動産の専門家のアドバイスを受けながら、しっかり事前の調査や経営計画を立ててから決断するようにしましょう。

2.戸建てのまま賃貸経営する

【徳島県で「戸建てのまま賃貸経営する」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

徳島市、鳴門市、松茂町、阿南市、神山町、美波町

相続した実家や空き家をリノベーションやリフォームして、一戸建ての賃貸物件として貸し出す方法があります。
一戸建ての賃貸活用は、アパート経営と比べ、初期投資が抑えられるのが大きなメリットです。また、アパートとは異なり、ファミリー層に対して訴求力が高いといえます。
特に、徳島県には大手企業の日亜化学工業や大塚製薬工場などの拠点が複数あり、転勤者向けの賃貸住宅の需要が見込めます。

さらに、サテライトオフィスで働く人々向けの住宅需要も期待できます。サテライトオフィスとは、企業が本社から離れた地域に設立する小規模オフィスのことで、徳島県は積極的に誘致している地方公共団体の一つです。
神山町を始めとする県内には多くの企業がサテライトオフィスを開設しています。特に注目すべきは、消費者庁が徳島市にサテライトオフィスを設置したことです。国の本庁機能の一部が徳島県に移転してきたように、今後も徳島県内にサテライトオフィス開設の動きは継続していくでしょう。

参考:消費者庁|消費者行政新未来創造オフィスについて

ただし、一戸建てを賃貸物件として貸し出すためには、地域のニーズを正確に把握することが重要です。需給を見誤ると入居者が集まらず、赤字経営となってしまうリスクもあるので、まずは地域の不動産会社に相談することをおすすめします。

3.民泊経営をする

【徳島県で「民泊経営をする」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

徳島市、鳴門市、神山町、美馬市、美波町、海陽町

民泊経営は新しいタイプの宿泊ビジネスで、旅行者に空き家やマンションの一室を提供する方法です。始めやすい空き家活用術として注目されています。
徳島県には、阿波踊りが開催される徳島市や大塚美術館がある鳴門市など、都市部において一定の需要があります。
また、都市部以外では日本の伝統を感じられる民泊施設に宿泊するニーズも存在します。
例えば、神山町の150年前の造り酒屋や美馬市の築100年の古民家などでの宿泊体験は、非日常を味わえると好評です。

ただし、民泊経営にはいくつかの注意点があります。
主な利用者は観光客であるため、観光地へのアクセスの良さが重要です。利便性が低い立地では収益に結びつきません。
また立地が良くない場合は、魅力的なコンセプトの策定や大規模なリノベーションなど集客のための付加価値が必要となり、初期投資が増加する可能性があります。

民泊ビジネスは上記のようなリスクがあるため、計画段階での十分な検討が求められます。

4.サテライトオフィスとして貸し出す

【徳島県で「サテライトオフィスとして貸し出す」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

神山町、美波町、美馬市、三好市

空き家活用の方法として、サテライトオフィスとして貸し出す方法があります。
サテライトオフィスは企業が本社から離れた場所に開設する小規模オフィスを指し、徳島県内に開設されたサテライトオフィス数は全国第4位になるほど活発です。
特に「奇跡の町」神山町は地域活性化の成功例として、全国の自治体から神山モデルとして参考にされています。
参考:総務省|地方公共団体が誘致又は関与したサテライトオフィスの開設状況調査

サテライトオフィスの利点は複数あり、例えば
・借り手が長期的に入居しやすく、安定した収入が期待できる。
・設備の新調や管理を事業者に委ねられる場合が多く、所有者の負担が少ない

いった事が挙げられます。加えて、都市部ではなく地方エリアの方に需要が高く、神山町や美波町、美馬市、三好市などでサテライトオフィス開設が広がっています。
サテライトオフィス事業は、総務省と地方自治体が強く支援しており、今後も継続的な需要が期待できます。

5.不動産屋会社に買取を依頼する

【徳島県で「不動産屋さんに買取を依頼する」適性度データ】

向いている地域

始めやすさ

収益性

リスク

広域で需要あり
特に三好市、美馬市など

買取とは、不動産会社が直接空き家や空き土地を買い取る方法です。短期間で現金に変えたい方や活用が難しい不動産を相続した方におすすめです。
不動産会社を介した物件の売却には、買取のほかに仲介という方法も存在します。
仲介は、売主と買主の間に不動産会社が立って契約を斡旋する方法ですが、買手が見つからない限り売却は成立しません。対して買取は、不動産会社が直接物件を査定して買い取ってくれるため、1~2週間程度で現金化することができます。

近年、徳島県全域で空き家問題が深刻化しており、特に三好市や美馬市ではこの傾向が顕著です。空き家活用の需要がない場合や仲介では売却が困難な物件の場合、不動産会社による買取は最適な手段といえます。

注意点としては、仲介に比べて3~4割程度売却価格が低くなる点に留意しておきましょう。また、買取価格の査定基準は不動産会社ごとに異なるため、良い条件で売却するには複数の不動産会社に相談することをおすすめします。

これらの記事もお薦めです

関連記事

  1. 【徳島県版】「不動産相続に伴う売却」事例集

  2. 【徳島市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

  3. 【徳島県版】相続した空き家・実家の売却におすすめの不動産屋さん10選

  4. 【2023年版 総合】徳島県 不動産売却の動向と予測

  5. 【徳島県版】不動産相続&売却の流れと手続きマニュアル

  6. 【徳島市版】相続時におすすめの不動産屋さんランキング

Banner

  1. 【三島市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.04.10

  2. 【三島市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.10

  3. 【御殿場市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選…

    2024.04.08

  4. 【御殿場市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.08

  5. 【富山市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.03.12

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

to top TOPへ戻る