• and
  • or

大阪のマンション買取相場ってどれくらい?売却の流れや注意点を詳しく説明

「大阪でマンションを売るとしたらどれくらいが相場なの?」
「マンションを買取してもらうにはどんな手順がいるの?」

このようにマンションの買取手順や相場についてお悩みではないですか?
実はマンションの買取にかかる手間は難しくないんです!

ここでは、マンションの買取について必ず知っておきたいポイントを詳しく紹介します。
この記事を読めば、マンションをスムーズに買取してもらうことが可能です!

マンションをスムーズに買取を行ってもらうために

マンションをスムーズに買取してもらうためには、どのような事に気をつけた方が良いのでしょうか?この項目では、マンション売却の流れや必要な期間、査定方法などを詳しく説明しています。

マンション売却の流れ

売ると決めたらなるべく早く、そして高く売却したいと考える方は多いはずです。まず最初にマンションを売却する流れを把握しておきましょう。

  • 1.マンションを売却するために不動産会社を選ぶ
  • 2.査定を受ける(複数不動産会社の候補があれば複数受ける)
  • 3.媒介契約の種類を選ぶ
  • 4.実際にマンションを売り出す
  • 5.購入希望者が内覧に来る
  • 6.売買契約を結ぶ
  • 7.引き渡しする
  • 8.確定申告する

大まかに説明すると以上のような流れで、マンション売却は進んでいきます。最初から最後まで自分でやろうと考えるとしんどいですが、実際には不動産会社と共に進めていきます。

不動産会社を選ぶ

不動産を売却する上で一番重要なのは、共に不動産売却を進めていくパートナーである不動産会社選びです。ここさえ問題なければ、後は不動産会社がある程度のサポートして進めてくれます。

しかしここで躓いてしまうと、後の工程が大変になるので、不動産会社選びは非常に重要だと言えます。

ただし注意したいのは、不動産会社が全て売却に関わることをやってくれると思って完全に任せきりにすれば良いと考えてしまうことです。不動産会社は買いたい人と売りたい人を繋げる仲介であり、実際に売る判断をするのは売主の役目となります。

査定を受ける

査定を受けるのは1社だけと言う決まりはありません。例え提示してきた価格が同じであっても、不動産会社とは長い付き合いになるため、誠実さや対応の素早さ、感じの良さなどがかなり重要になります。

複数査定を受けると言うのは、金額の面で有利に持っていくためでもありますが、ダメな不動産会社を見分けるためにも重要になるのです。

媒介契約の種類を選ぶ
  • ・一般媒介契約
  • ・専任媒介契約
  • ・専属専任媒介契約

媒介契約には上記の3種類あります。

一般媒介契約は、複数の不動産会社と契約を結べるものです。これによって間口が広がり多くの不動産会社で取り扱ってもらうことが可能です。

専任媒介契約は、1つの不動産会社と契約を結べるものです。専任媒介契約であれば、不動産会社は売れれば確実に仲介手数料が入ってくるため、広告をかけたり売り出しに力を入れることが可能になります。

専属専任媒介契約は基本的に、専任媒介契約と同じなのですが、それに加えて直接契約も禁止されます。直接契約とは、売主が自ら買主を見つけて売り買いすることです。

実際にマンションを売り出す

マンションを売出すと、実際に購入希望者の目に入るようになります。ここからマンションの売却がスタートします。

購入希望者が内覧に来る

購入希望者が気になる物件であれば、不動産会社を通して内覧に来ます。内覧では購入してもらう気を無くさないように、清掃やスリッパの用意を怠らないようにしましょう。

またこの時点で内覧がなかなか来ない場合は、価格面が魅力的ではないなど、何かしら原因があるため、その原因を突き止めましょう。

売買契約を結ぶ

双方が納得すれば、売買契約書に署名・押印して売買契約を結びます。宅地建物取引士が同席の上確認事項を読みあげていきます。この段階で手付金を貰います。

引き渡しする

残金の支払いを確認したら、物件の鍵や管理規約等の各種書類の引渡しを行います。

確定申告する

マンションを売却して、利益が出た場合は収入として扱われるため住民税や所得税が課税されます。ただしマイホームの売却に関しては3000万円の控除があり条件が適用されれば非課税になるため、しっかりと確認しておきましょう。

売却期間

マンションを売却する際にかかる期間の平均は問題なく進んだ場合で平均、3ヶ月~4ヶ月です。しかし立地や物件の状態によっては、売りに出してからすぐ買い手が見つかることもあれば、1年経っても見つからないこともあります。

マンションを期間内に売却したいなら明確な目標を立てよう

何となくマンションを売却する人はいないはずです。次の物件に引っ越したい、転勤があって引っ越さなければならなくなった、など理由は様々ですが、マンションを売却する理由があるのが普通です。

例えば10ヶ月後に引っ越しが決まっているのであれば、9ヶ月間の間で買い手を見つけて、残りの期間を荷物の整理や、新居の移転に当てるのがベストです。最初の1ヶ月は不動産会社選びなどに使用すると考えた場合残った期間は8ヶ月です。

長いように思える期間でも、しっかりといつまでに手放したいかを決めておきましょう。そうすれば、最初の1~2ヶ月は高値で売り出して、間の2~4ヶ月は少し値段を下げるなど対策を練ることが出来ます。

査定方法

マンションの査定方法には大きく分けて『原価法』『収益還元法』『取引事例比較法』と3種類の算出方法があります。これらを詳しく説明していきます。

原価法

原価法とは、仮にその不動産をもう一度入手するとなると、いくらかかるかを計算して適用する方法です。建物の価値と土地の価値を別で算出します。

収益還元法

対象の不動産物件が、今後生み出すであろう純収益を還元利回りで割ることによって物件の価値を算出する方法です。

取引事例比較法

最もポピュラーな算出方法で、過去に同じマンションの売買履歴がないかを調べ、その相場を元に金額を出します。同じマンションが該当しない場合は、似たような条件のマンションを参照します。

過去の取引履歴を元に算出するため精度が高い、取引事例比較法ですが、比較するデータが少ない場合や、何年も前のデータであれば比較する対象として適切ではないこともあります。

大阪市の中古マンション価格相場について

大阪市 中古マンション価格相場 [平均値]
平均相場 2,095.9 万円(44.9 万円/㎡、148.5 万円/坪)

  • ・平均築年数  20.0 年
  • ・平均駅距離  5.9 分
  • ・平均専有面積 50.5 ㎡(15.3 坪)

築 6 年未満の築浅物件数が大きく増加しており、築 40 年以内の比較的古い物件数が小幅減少していることが、価格の上昇要因として挙げられます。大阪府 大阪市における中古マンション価格の平均値は2018年坪当たり 150.3 万円となっています。

大阪市の査定額の相場をさらに詳しく知りたい方へ

マンションを高く売る上で必要な知識は、相場を知ることです。どれだけ高く売りたいと考えていても、相場が分からなければ、高く売れているのか知ることが出来ません。

一括査定を受ける前に以下のサイトで相場を調べておくのが有効です。

関連記事

  1. マンションの買取業者の評判を参考にする際のポイントとは?

  2. 【初級編】マンションの売り方。チョーわかりやすく手順や流れをシェアします。

  3. マンションを売るか貸すかどっちが得?売却と賃貸の10パターン比較したよ!

  4. 大阪市浪速区の中古マンションを絶対高く売るぞ!査定や売却戦略で300万UP!

  5. マンションを高価買取してくれるおすすめの不動産業者5選!仲介との違いも解説

  6. マンション買取と仲介はどう違う?メリット・デメリットや流れの違いを徹底解説

Banner

  • 不動産一括査定サイト各社を徹底比較
  • 一括査定サイトと不動産に直談判どっちがいいの?
  1. 大阪市浪速区の中古マンションを絶対高く売るぞ!査定や売却戦略で3…

    2019.11.14

  2. JR難波(湊町)、桜川の中古マンションを高く売るぞ!戦略的な売却…

    2019.11.14

  3. 大阪の大国町・元町の中古マンションを高く売るぞ!戦略的な売却査…

    2019.11.09

  4. 大阪恵美須町&日本橋の中古マンションを高く売るぞ!戦略的な売却…

    2019.11.09

  5. 大阪福島区鷺洲・野田阪神・海老江の中古マンションを高く売るぞ!…

    2019.11.09

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

to top TOPへ戻る

お近くの不動産会社を探す