• and
  • or

【静岡県版】不動産相続&売却の流れと手続きマニュアル

1.不動産相続の流れと必要な手続き

相続が発生したら、以下の流れに沿って期限までに必要な手続きを行います。
また、手続きは多くの段階を専門家(弁護士・司法書士・税理士)に依頼可能です。

【相続発生からの流れと必要な手続き・任せられる主な専門家・手続き期限 一覧】

相続発生からの流れと必要な手続き

任せられる主な専門家

手続き期限

1 遺言書の確認・遺言書の検認(公正証書遺言以外)

できるだけ速やかに

2 法定相続人の確定

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 行政書士

3 相続遺産調査

4 遺産分割協議

  • 弁護士のみ(代理交渉)

5 限定承認・相続放棄の申述

  • 弁護士のみ(代理申請可能)
  • 司法書士(書類作成のみ可能)

相続を知った日から3ヵ月以内

6 準確定申告(被相続人の所得税)
※被相続人が自営業・不動産所得があった場合等

  • 税理士のみ

4ヵ月以内

7 遺産分割協議書の作成
※遺言書が無かった場合や複数人の相続人がいた場合
※相続人が1人の場合は、遺産分割協議は不要です。

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士

10ヵ月以内

8 相続税申告

  • 税理士のみ

9 遺留分侵害額請求
※トラブルがあった場合のみ

  • 弁護士のみ

1年以内

10 相続登記(不動産のみ)手続き

  • 弁護士
  • 司法書士

3年以内

なかでも司法書士は、相続人間で揉め事がないのであれば、不動産相続では強い味方です。幅広い分野をカバーしているうえ、弁護士よりも依頼費用が安価に済むことが多くなっています。

弁護士は、特に「相続で揉めている時」に依頼するべき専門家です。
税理士は、税金面でのサポートが必要な時に依頼するとよいでしょう。

1-1.「できるだけ速やかに行っておくこと」

1.遺言書の確認・検認

遺言書があれば、相続は原則その内容に沿って行われることになります。
遺言書があるかないかによってその後の手続きが異なって来るので、確認は一番初めに行いましょう。
遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があり、このうち公正証書遺言を除く2つについては、家庭裁判所で検認が必要です。
検認をせずに遺言書を開封すると、5万円以下の過料が課されることがあります。

2.法定相続人の確認 (弁護士、司法書士等に依頼可能)

遺言書がなかった場合、被相続人が誕生してから死亡するまでの戸籍謄本を取得して親族関係にある人を全て洗い出すことにより、法定相続人を調査します。

こちらは弁護士・司法書士に依頼することが多いですが、税金面でサポートが受けたい場合は税理士にも依頼可能です。

3.相続財産調査(弁護士、司法書士等に依頼可能)

法定相続人の確認と併せて、被相続人の財産を調査します。
預貯金や不動産、有価証券等のプラスの財産に加え、住宅ローンなどの借金、未払いの税金なども全てを調べ上げます。

なお、相続財産に不動産があるかないかについては、市区町村から届く固定資産税の納税通知書を見ることで確かめられます。
依頼できる専門家については、法定相続人の確認と同じです。

4.遺産分割協議(もめている場合、弁護士に依頼できる)

遺言書があれば原則その内容に従いますが、ない場合には相続人全員で遺産の分割方法を話し合う、遺産分割協議を行います。

この時、相続人間で揉め事が起きているような場合には、弁護士に間に立ってもらうことが出来ます。相続人の代理となってもらうことも可能です。

1-2.「相続を知った日から3ヵ月以内にする手続き」

5.限定承認、相続放棄の手続き(主に弁護士に依頼可能)

被相続人に借金などの負債が多い場合は、限定承認・相続放棄などの申述をすることになります。

これの申し立ては弁護士のみが代行することが出来ます。
書類作成のみなら司法書士にも可能です。また、どちらの方が税金面で得が大きいかといったことを聞きたい場合には、税理士にアドバイスをもらうことも出来ます。

1-3.「4ヵ月以内にする手続き」

6.準確定申告(税理士に依頼可能)

被相続人が個人事業主などで確定申告を必要とする所得があった場合、相続人が代わりにこれを行います。
また、限定承認の譲渡所得税があった場合にも必要になります。

こちらは税理士のみに依頼可能です。

1-4.「10ヵ月以内にする手続き」

7.遺産分割協議書の作成(弁護士、司法書士等に依頼可能)

複数の相続人がいる場合に発生する手続きです。

遺産分割協議で決まった内容に従い、遺産分割協議書を作成します。

弁護士・司法書士に依頼することが多いですが、税理士でも対応してくれることがあります。

8.相続税申告(税理士に依頼可能)

相続財産の額が基礎控除を上回った場合のみ発生する手続きです。
相続税の申告・納付期限は相続開始を知った翌日から10ヵ月以内です。もし遅れたり、納税額が足りなければ、延滞税や加算税が課されます。

こちらは税理士のみに依頼可能です。

1-5.「1年以内にする手続き」

9.遺留分侵害額請求(弁護士に依頼可能)

遺留分とは、相続人の財産から遺留分権利者(配偶者・子供・直系尊属)が法律で取得を保証されている最低限の取り分のことを指します。

これはごく限られたケースでのみ必要になる手続きで、自分以外の相続人が、遺言や生前贈与によって自分の遺留分を侵害する額の遺産を得た場合、遺留分権利者が遺留分にあたる金額をその相手に請求することが出来るというものです。

こちらは弁護士のみに依頼可能です。

参照:裁判所 遺留分侵害額の請求調停

1-6.「3年以内にする手続き」

10.相続登記(司法書士に依頼可能)

相続遺産の中に不動産が含まれていた場合に必要な相続登記(名義変更)は、2024年4月1日を目処に義務化されます。
正当な理由がないにもかかわらず相続登記の申請をしなかった場合には、10万円以下の過料が課せられることがあります。

※正当な理由の例

  • 相続登記を放置したために相続人が極めて多数に上り、戸籍謄本等の必要な資料の収集や他の相続人の把握に多くの時間を要するケース
  • 遺言の有効性や遺産の範囲等が争われているケース
  • 申請義務を負う相続人自身に重病等の事情があるケース など

また相続登記が終わらないと、物件の売却はできません。
相続登記は、一般的に司法書士に依頼するケースが多いです。

期限は遺産分割協議が成立した日から3年以内です。

参照:法務局 知っていますか?相続登記の申請義務化について

2.不動産の相続手続きに必要な書類と入手できる場所

不動産の相続手続きには大きく分けて、「登記手続き」と「相続税申告手続き」があります。

2-1.登記手続き

登記手続きに必要な主要書類と、取得できる場所は以下の通りです。

【登記手続きに必要な主要書類と取得できる場所 一覧】

登記手続きに必要な主要書類

取得できる場所

被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本

本籍地の市役所

相続人全員の戸籍謄本

被相続人の住民票の除票

各居住地の市役所

相続人全員の印鑑証明書

不動産を相続する相続人の住民票

固定資産評価証明書

相続する不動産の所在地の市役所

登記申請書

司法書士に依頼するか、相続人が作成する(申請書様式:法務局

遺産分割協議書

司法書士に依頼、相続人が作成

※これらの必要書類は、遺言書による相続か、遺産分割協議による相続かなどによって異なります。

2-2.相続税申告手続き

相続税申告に必要な主要書類と、取得できる場所は以下の通りです。

【相続税申告手続きに必要な主要書類と取得できる場所 一覧】

 

相続税申告手続きに必要な主要書類

取得できる場所

被相続人・
法定相続人に関わるもの

●被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本

本籍地の市役所

●相続人全員の戸籍謄本

●被相続人の住民票の除票

各居住地の市役所

●相続人全員の住民票

●相続人全員の印鑑証明書

●法定相続情報一覧図

法務局

遺産分割の内容に関わるもの

●印鑑登録証明書

居住地の市役所

●遺産分割協議書の写し

司法書士依頼するか、相続人が作成

●遺言書の写し

所有

不動産に関わるもの

●固定資産税評価証明書

市役所もしくは都税事務所

●登記事項証明書

法務局

●公図・地積測量図

●住宅地図

民間の地図プリントサービスを使用

+税務署でもらう相続税の申告書

※相続税の申告手続きは、相続財産が基礎控除額を超える場合にのみ必要になります。
※その他、預貯金、有価証券、債務関連、葬儀費用、事業用財産、生命保険金等、それぞれに必要な書類が追加であります。

相続税申告手続きは、8割以上の人が税理士に依頼していると言われています。
煩雑で難関な手続きになりますので、自信がないという方は依頼してみても良いかもしれません。報酬の目安は、遺産総額の0.5~1.0%です。

3.不動産相続 手続きにかかる主な税金・費用と相続で使える控除

3-1.不動産相続手続きにかかる主な税金・費用

【不動産相続手続きにかかる主な税金・費用 一覧】

 

概要

負担額の目安

●登録免許税

相続登記(不動産の名義変更)にかかる税金

固定資産税評価額×0.4%
※例外的に2.0%の場合も

●必要書類の取得費用

主に登記手続きに必要な書類を取得するための費用

「2-1.登記手続き」の項目全てで最低3,000円程度~

●司法書士手数料

登記手続きを司法書士に依頼した場合の手数料

大体5~10万円

●相続税

財産が基礎控除を超える場合にのみかかる

財産の総額が、基礎控除=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)を超えなければかからない

特に必要書類に関しては遺言書の有無や相続人の数によって異なってきますので、一概には言えません。3,000円程度が最低額だと考えておきましょう。

3-2.相続で使える控除

【相続で使える控除と控除額の目安 一覧】

 

概要

控除額目安

●基礎控除

遺産の総額から無条件で差し引ける一定の非課税枠

3,000万円+(600万円×法定相続人の数)分が遺産総額から控除できる

参照:国税庁「相続税の計算

●小規模宅地等の特例

被相続人もしくは被相続人と生計を共にする親族の、居住・事業用に供されていた土地について、条件を満たすことで評価額より一定の割合を減額する制度

例えば、自宅として利用していた土地であれば、330㎡までの評価額が8割減額される

参照:国税庁「小規模宅地等の特例

●配偶者控除

配偶者が取得した相続遺産額のうち、1億6,000万円もしくは法定相続分に相当する額のより大きい金額までを非課税とする制度

配偶者の法定相続分は遺産総額の1/2なので、それと1億6,000万円のうち、より大きい金額まで非課税になる

参照:国税庁「配偶者の税額の軽減

●贈与税の基礎控除

暦年贈与の場合、年110万円までは贈与税が非課税になる

年110万円を超えないように贈与することで遺産総額を減らし、相続税対策をすることが出来る

参照:国税庁「贈与財産の加算と税額控除(暦年課税)

●未成年控除

法定相続人が満18歳未満だった場合に、いくつかの条件を満たすことで、相続税から一定額が控除される

満18歳になるまでの年数1年につき10万円

参照:国税庁「未成年者の税額控除

●障害者控除

相続人が85歳未満で、障害を持っていた場合に、いくつかの条件を満たすことで、相続税から一定額が控除される

該当者が満85歳になるまでの年数1年につき10万円

参照:国税庁「障害者の税額控除

●相次相続控除

相続開始から10年以内に新たな相続が発生した場合、2度目の相続でかかる相続税額から一定額が控除される

前回の相続において課税された相続税額のうち、1年につき10%の割合で減額した額が、今回の相続でかかる相続税額から控除される

参照:国税庁「相次相続控除

控除は複雑で、自分がそれに該当するのかどうかということは、ご自身では判断がつかないことも多いです。税理士に依頼する方が確実でしょう。

4.静岡県における「相続」の概況

名古屋国税局の令和3年統計情報によると、静岡県の相続税課税対象財産は約5,931億円です。1万4,293人の相続税申告者のうち約84.4%の1万2,060人が課税対象となりました。このうち約527億円が相続税として納税されています。

また令和3年度の静岡県では被相続人5,608人に対して、1万4,293人の相続人がおり、1つの相続案件につき平均約2.55人の相続人がいることがわかります。
5年前の平成28年度のデータと比較すると、当時は1つの相続案件に対して平均約2.62人の相続人がいましたので、相続人の数は減少傾向です。

〈図 令和3年分 静岡県内 税務署別課税状況 〉

〈図 令和3年分 静岡県内 税務署別課税状況 〉

静岡県内での詳しい内訳を見ると、静岡税務署、浜松西・浜松東税務署が相続人の数や相続税の納付額が多く、静岡県全体の4割を占めました。

さらに、相続財産の内訳は名古屋国税局管轄の4県(岐阜県・静岡県・愛知県・三重県)での「取得財産の種類に対する申告・課税の状況」図で確認できます。
相続財産の種類別取得財産価格(申告ベース)を見ると、不動産(土地+家屋・構造物)は約 1兆2,270億円です。これは全体(約2兆9,492億円)の約41.6%を占めており、管轄4県では相続財産の約4割が不動産に関連していることがわかります。
不動産の詳細な内訳として、土地は約1兆546億円、家屋は約1,724億円となり、土地がその大部分を占めています。

〈図 静岡県・愛知県・岐阜県・三重県における、取得財産の種類に 対する申告・課税の状況〉

〈図 令和3年分 静岡県内 税務署別課税状況 〉

以上出典:名古屋国税局統計情報 令和3年直接税(相続税)

5.相続した不動産を売却する流れと必要書類

5-1.相続した不動産を売却する流れ

相続した不動産を売却する流れは以下の通りです。

【図 相続した家を売却する流れ&かかる時間】

【図 相続した家を売却する流れ&かかる時間】

1.「相続協議」

ケースによってかかる時間が大きく異なります。
相続人間で揉め事が起これば、何年も話し合いが続くケースも少なくありません。

2.「相続登記(不動産の名義変更)」

役所に行って必要書類を提出します。2カ月くらいかかります。
自分ですることも出来ますが、司法書士に依頼すると手間なく済みます。

3.「査定依頼~媒介契約の締結~売却活動開始」

不動産会社を探し、査定してもらってから、実際に売りに出すまでにかかる期間は、人によりますが大体半月程度のことが多いです。

4.「売買契約締結」

売りに出して買い手が見つかるまでの期間は、価格・条件によりますがおおむね3ヶ月~1年程度です。

5.「決済・引き渡し」

家の中にある家財の整理等を行い、引き渡します。半月程度かかります。

6.「確定申告」

売却の翌年に行います。

4-2.相続した不動産の売却に必要な書類

相続した家を売却するために必要な書類には、大きく「相続登記(名義変更)の必要書類」と「売却の必要書類」があります。

・相続登記(名義変更)の必要書類

「2.不動産の相続手続きに必要な書類と入手できる場所」をご覧ください。

・売却の必要書類

ケースによって多少異なるところはありますが、主要なものは以下の通りです。

【表 物件売却時に必要な主要書類と取得できる場所 一覧】

物件売却時に必要な主要書類

取得できる場所

●印鑑証明書

各市区町村の市役所の窓口など

●土地・建物登記済証もしくは登記識別情報

土地・建物登記済証は個人所有
登記識別情報はオンライン申請か、法務局の窓口で受け取り

●土地測量図・境界確認書

土地測量図は法務局で入手可能
境界確認書は土地家屋調査士に測量を依頼して作成

●固定資産税納税通知書・都市計画税納税通知書もしくは固定資産税評価証明書

通知書は個人所有
証明書は市役所

●建築確認済証・検査済証(戸建てのみ)

個人所有
市役所・区役所で確かめられる

●物件状況報告書(戸建てのみ)

ひな形を用いて作成
ネット上でダウンロード可能

●マンション管理規約の書類(マンションのみ)

マンションの管理組合・管理会社に依頼

●マンションの維持費関連書類(マンションのみ)

●重要事項調査報告書(マンションのみ)

不動産会社に発行依頼

●間取り図

個人所有

●本人確認書類(健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードなど)

●実印

なお、引き渡し時には加えて以下が必要です。

【表 引き渡し時に必要な書類と取得できる場所】

引き渡し時に必要な書類

取得できる場所

●印鑑証明書

各市区町村の市役所の窓口など

●抵当権など抹消書類

法務局に相談

●預金通帳

個人所有

●実印

6.不動産売却でかかる税金

不動産売却時にかかる税金は以下の通りです。

【表 不動産売却でかかる税金の概要と税額の目安 一覧】

 

概要

税額の目安

●印紙税

契約金額によって左右される

最低基準は契約金額10万円超え50万円以下で200円、最高基準は契約金額50億円超えで48万円

参照:国税庁「不動産売買契約書の印紙税の軽減措置

●登録免許税

住宅ローンの抵当権が残っている場合か、所有権移転登記費用を売主が負担・折半する場合にかかる税金

抵当権を抹消するための登録免許税は不動産1個に対し1,000円
所有権の移転登記は、固定資産税評価額に指定の税率をかけて算出するが、これは買主が負担することが一般的

●消費税

個人が個人に売却した場合、仲介手数料など不動産取引にまつわるサービスに対してかかる

仲介手数料は、物件の売買価格×指定の料率(3~5%)+消費税

●譲渡所得税・復興所得税・住民税

不動産を売って利益が出た場合にかかる

まず譲渡所得を計算してから、指定の税率を掛ける。譲渡した年の1月1日現在の所有期間が5年以下か、5年を超えているかで税率が異なり、5年を超えている方が税金は安くなる。

7.静岡県で相続した不動産をスムーズに売却するためのコツ

静岡県で、相続した不動産をスムーズに売却するためのコツは以下の通りです。

  1. 地域の事情を把握している地元の不動産会社に相談する
  2. 査定額の高さだけで不動産会社を選ばない
  3. 遠方・他県に住んでいても相談できる不動産会社を選ぶ

1. 地域の事情を把握している地元の不動産会社に相談する

不動産の相続に伴う売却を検討する際、まずは地元の不動産会社への相談をおすすめします。
地域に精通した不動産会社は、そのエリアの価格動向を常に把握しており、適切な売却価格の提案をしてくれます。したがって、相場よりも低い価格で売却してしまうようなリスクを防ぐことが可能です。
また、中古住宅の取引において、しばしば近隣の住民が購入者になることがあります。
そのため、地域社会との結びつきが強い不動産会社を利用すれば、売却完了までの期間を短縮できる可能性が高くなるでしょう。

例えば、沼津市の「三陽住宅」は地域に密接して活動している不動産会社で、沼津市で開業して50年以上の歴史を誇ります。同様に、島田市の「成岡工業」や富士市の「リアルサポート富士」も各地域に精通している不動産会社です。
スムーズな不動産売却を目指すなら、地元の不動産会社に相談することをおすすめします。

2.査定額の高さだけで不動産会社を選ばない

近年、Webサイト上で複数の不動産会社を一括で査定依頼できるサービスが普及しており、利用者も多いです。
便利な方法ではありますが、「査定額の高さ」だけを基準にして不動産会社を選ぶことは避けましょう。
不動産会社の中には契約を獲得するために、市場価格よりも高い査定を提示することがあるので、注意が必要です。実際の市場価格と乖離した状態では、「売れない」リスクを高める可能性があります。

したがって、「高い査定額の理由」と「査定額が適正かどうか」を確認することが大切です。
また、査定額が適正であるかどうかを確認するためには、一括査定の結果を参考にしつつ、異なる不動産会社にも個別に査定を依頼することをおすすめします。
加えて、査定額の根拠を説明してもらうことで、不動産の価値をより正確に把握することができるでしょう。

3.遠方・他県に住んでいても相談できる不動産会社を選ぶ

不動産の売却は、物件がある地元の不動産会社に依頼することが重要です。
地元の不動産会社は、地域の特色と物件のニーズに精通しており、これを見誤ると、売れるはずの土地や建物が売却できない可能性があります。

しかし、相続人が相続した不動産から遠く離れた地域に住んでいたり、すでに他県に引っ越していたりした場合、現地の不動産会社に頻繁に出向くのは困難です。実際に移動して、現地の不動産会社に相談するのは、時間と労力がかかります。

したがって、相続不動産から遠い地域に住んでいる場合は、遠隔地からでも不動産売却の相談ができる不動産会社を選びましょう。メールやZoomなどのオンライン相談を活用して、効率的に売却手続きを進めることができます。

例えば、「アイマチ」や「静鉄不動産」、「One不動産」は相続に強く、オンラインでの相談にも対応しています。
上記のような不動産会社に相談すれば、時間と費用の節約につながり、不動産売却の際の負担を軽減できるでしょう。

8.静岡県の相続不動産の売却相場解説

(2023年10月更新)静岡県における相続不動産の売却相場は以下の通りです。

【(2023年10月更新)静岡県における相続不動産の売却相場】

中古一戸建て

  • 仲介……1,340万円
  • 買取……938万円

中古マンション

  • 仲介……1,462万円
  • 買取……1,023万円

土地

  • 仲介……1,570万円
  • 買取……1,099万円

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

静岡県の相続不動産の売却相場解説

9.静岡県で相続した不動産(実家・空き家)活用方法一覧

相続した不動産は、売却以外にも以下のような活用方法があります。

〈相続した不動産(実家・空き家)活用方法一覧〉

  1. アパート経営をする
  2. 戸建て賃貸として活用する
  3. 駐車場経営をする
  4. 民泊経営をする
  5. サービス付き高齢者住宅を経営する

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

静岡県で相続した実家・空き家の活用方法おすすめ5つ

10. 静岡県の不動産相続事例

別記事で、以下の内容による静岡県の不動産相続事例を3つご覧いただけます。

  • 島田市にお住まいのN様が、「補助金制度を利用して、築古の一戸建てを更地にして売却した事例」
  • 静岡市にお住まいのE様が、「知識0の状態で御殿場市の一戸建てを相続し、売却した事例」
  • 沼津市にお住まいのK様が、「空き家を相続し、複雑になっていた名義変更を解決し売却した例事例」

詳しくは、以下の記事をご参照ください。

「不動産相続に伴う売却」事例3つ

11. 静岡県で相続時におすすめの不動産会社10選

静岡県で、相続時におすすめの不動産会社は、以下の通りです。

  • 【沼津市】有限会社三陽住宅
    (相続した不動産の売却やトラブルに強く、複雑な問題も士業とともにサポート可!)
  • 【御殿場市】株式会社アイマチ
    (不動産売却に強く、約8割の方が「価格」「時期」ともに希望どおりに売却!)
  • 【富士市】株式会社リアルサポート富士
    (「公認不動産コンサルティングマスター 相続対策専門士」の有資格者が対応!)
  • 【静岡市ほか】静鉄不動産
    (静鉄不動産相続サポートセンターを開設し、相続問題がワンストップで解決可能!)
  • 【静岡市ほか】株式会社ゼロ企画
    (県内各所で弁護士や司法書士などの専門家を交えての相談会を開催!)
  • 【藤枝市】株式会社One不動産
    (税理士や土地家屋調査士などの専門家と連携して、不動産相続の問題に対応!)
  • 【島田市】株式会社成岡工業
    (空き家の活用法やリフォーム、解体など相続不動産の様々なサポートが可能!)
  • 【磐田市ほか】株式会社不動産Labo.
    (売却しにくい物件でもリノベーションして販売した実績が豊富!)
  • 【浜松市ほか】遠鉄の不動産
    (遠州鉄道相続サポートセンターで、総合的な相続相談が可能!)
  • 【浜松市ほか】中央不動産株式会社
    (センチュリー21の加盟店のため、全国1,000店舗あるネットワークを活用!)

詳しくは、以下をご覧ください。

静岡県で相続した実家・空き家の売却に強い不動産会社10選

12. 静岡県で相続の相談・必要書類を入手できる会社・機関の一覧

12-1.静岡県で相続の相談が出来る会社

静岡県で、相続の相談が出来る代表的な会社は以下の通りです。

・相続手続支援センター静岡

相続手続支援センター静岡は相続に関する専門の相談窓口です。
株式会社イワサキ経営を主体に、税理士や弁護士、司法書士、行政書士など相続に関する専門家で組織されています。そのため、一つの窓口で全ての相続手続きを完了することが可能です。

(事務所名:株式会社イワサキ経営)

〒410-0022 静岡県沼津市大岡984-1
電話:0120-39-7840
営業時間:9:00〜17:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日
HP:https://souzoku-shizuoka.jp/

・静岡相続手続きサポートセンター

静岡相続手続きサポートセンターは、相続手続きに関する悩みを解決する相談窓口です。
セブンセンス税理士法人やセブンセンス行政書士法人などのセブンセンスグループによって運営されており、年間200件以上の相談が寄せられています。

(事務所名:セブンセンスグループ)

〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田3875-92
電話:0120-193-451
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日
HP:https://support-sozoku.jp/

・浜松相続遺言相談室

浜松相続遺言相談室は、司法書士法人ふたばが運営する相続や遺言についての相談窓口です。
運営は司法書士法人ですが、相談内容によっては、税理士や弁護士、土地家屋調査士などの専門家と連携して対応しています。

(事務所名:司法書士法人ふたば)

〒432-8044静岡県浜松市中区南浅田2-2-11 
電話:0120-41-2828
営業時間:9:00~21:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日
HP:https://souzoku-hamamatsu.net/

静岡県で相続の相談が出来る公的機関・準公的機関

企業が運営する相談窓口のほかに、公的機関・準公的機関の相談窓口もあります。

・【無料相談】東海税理士会

東海税理士会では相続税や贈与税などの相談窓口を設けています。相談料は無料で、静岡各所で開催されています。詳細は公式サイトをご確認ください。

〒420-0853 静岡県静岡市追手町10-202(静岡支部税務相談所)
電話:054-253-7080
HP:https://www.tokaizei.or.jp/shibu/shizuoka.html#soudanjyo

・【一部無料】法テラス静岡

法テラスは、国が設立した法的問題解決を支援する公的機関で、静岡県内には法テラス静岡、法テラス沼津、法テラス浜松の3か所に設置されています。
無料の法律相談を利用するためには所得制限などの条件がありますので、公式ウェブサイトや電話で詳細情報をご確認ください。

〒420-0031 静岡市葵区呉服町2-1-1 札の辻ビル5F
電話:0570-078374
営業時間:9:00~21:00(土曜 / 9:00~17:00)
定休日:日曜日・祝日
HP:https://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/shizuoka/index.html

12-2.静岡県で必要書類を入手できる公的機関・市役所

市役所で入手可能な書類について、売却時、登記手続き時、相続税申告時のそれぞれで必要な書類を分類しました。

【市役所で入手できる主要書類 売却時・登記手続き時・相続税申告時】

市役所で入手できる主要書類

売却時に必要

登記手続き時に必要

相続税申告時に必要

●戸籍謄本

×

●住民票の除票

×

●印鑑証明書

●印鑑登録証明書

×

×

●住民票(マイナンバー入り)

●固定資産税評価証明書

×

●固定資産評価証明書

×

×

●建築確認済証・検査済証

×

×

【静岡市葵区役所】

〒420-8602 静岡市葵区追手町5-1
電話:054-254-2111

【静岡市駿河区役所】

〒422-8550静岡県静岡市駿河区南八幡町10-40
電話:054-202-5811

【浜松市中区役所】

〒430-8652 静岡県浜松市中区元城町103-2
電話:053-457-2111

【浜松市東区役所】

〒435-8686 静岡県浜松市東区流通元町20-3
電話:053-424-0111

【富士市役所】

〒417-8601 静岡県富士市永田町1丁目100
電話:0545-51-0123

・法務局

法務局で入手可能な書類について、売却時、登記手続き時、相続税申告時のそれぞれで必要な書類を分類しました。

【法務局で入手できる主要書類 売却時・登記手続き時・相続税申告時】

法務局で入手できる主要書類

売却時に必要

登記手続き時に必要

相続税申告時に必要

●登記事項証明書

×

×

●登記申請書

×

×

●法定相続情報一覧図

×

×

●公図・地積測量図


※求められる場合もある

×

●登記識別情報

×

×

●土地測量図

×

×

●抵当権など抹消書類

×

×

【静岡地方法務局】

〒420-8650 静岡市葵区追手町9-50 静岡地方合同庁舎
電話:054-254-3555

これらの記事もお薦めです

関連記事

  1. 【静岡県版】「不動産相続に伴う売却」事例集

  2. 【沼津市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

  3. 【静岡県版】相続時におすすめの不動産会社10選

  4. 【静岡県版】相続した実家・空き家のおすすめ活用方法5つ

  5. 【島田市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

  6. 【2023年版 総合】静岡県 相続不動産の売却相場解説と予測

Banner

  1. 【金沢市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.02.16

  2. 【金沢市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.02.16

  3. 【石川県版】不動産相続&売却の流れと手続きマニュアル

    2024.02.16

  4. 【船橋市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.02.16

  5. 【千葉県版】相続時におすすめの不動産会社10選

    2024.02.16

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

to top TOPへ戻る