• and
  • or

福岡市中央区のマンション売却相場は?高額で売るポイントまで紹介!

福岡市中央区のマンションは、高く売れます。

間違いなく需要があり、リッチな人たちが購入を希望するため、高値で売却が可能です。

ただし、買い手もいろいろなマンションを比べるため、売却戦略を間違ってしまうと損してしまいます。

福岡市中央区のマンションのことを調べるほど、このようになることがわかりました。

本記事では、以下3点について紹介しています。

  1. 福岡市中央区の人気エリアの売却相場
  2. マンションを探している人の特徴
  3. マンションを高く売るポイント

この記事を読むことで中央区のマンション事情がわかり、安心して売却できますので、参考にしてください。

 

福岡市中央区のマンションの売却相場


住友不動産販売が公表している福岡市中央区のマンション売却相場は、次のとおりです。

(面積:料金)

20㎡〜30㎡ 500万円〜1,500万円
50㎡〜60㎡ 1,500万円〜2,500万円
60㎡〜70㎡ 2,000万円〜3,000万円
70㎡〜80㎡ 3,000万円〜4,000万円

※2019年12月時点

他のサイトもそうですが、対象マンションが少ないこともあり、この相場とは大きく価格が異なるマンションは多数あります。

福岡市中央区は、福岡県の中でも圧倒的に人気が高いエリアなため、ファミリータイプのマンションも一人暮らしタイプのマンションも非常に多いです。

繁華街である天神や大名エリアは単身者が多く、薬院や桜坂、大濠などのエリアはファミリー層が多く住む印象でした。

 

天神・赤坂エリアの代表的なマンション


まずは、天神や赤坂エリアの代表的なマンションを紹介します。

ファミリータイプのマンション

天神・赤坂エリアの代表的なファミリータイプマンションは次の5軒です。

  • アクロス天神センタープラザ(渡辺通3丁目、築15年、80.28㎡)
  • ロワール赤坂けやき通り(赤坂3丁目、築15年、66.1㎡)
  • エイルマンション天神(渡辺通2丁目、築14年、74.56㎡)
  • ライオンズタワー赤坂けやき通り(赤坂2丁目、築13年、95.4㎡)
  • アートウィル赤坂(赤坂3丁目、築26年、65.61㎡)

天神コアやイムズ、岩田屋などの商業施設や西通りが近く、ビジネス街でもあるため、非常に人気の高いエリアです。

築10年未満の物件はあまり売られていない印象で、売りに出せばすぐに買い手が見つかることでしょう。

上記、築15年前後のファミリータイプで3,000万円〜6,000万円程度です。

さらに築浅物件を売りに出せば、高い金額での売却が期待できます。

一人暮らしタイプのマンション

天神・赤坂エリアの代表的な一人暮らしタイプマンションは次の2軒です。

  • ニューライフ天神(天神4丁目、築37年、46.21㎡)
  • ライオンズマンション天神(舞鶴1丁目、築41年、43.5㎡)

現在、売られている一人暮らしタイプのマンションは、築古物件が主になります。

しかし、上記物件の相場は1,000万円〜2,000万円程度と高めです。

築年数が古くても価格が落ちないほど需要の高いエリアであり、築浅物件が出ればすぐに売れてしまいます。

実住としてだけでなく、投資物件としても好条件かなという印象です。

天神・赤坂エリアの詳しい相場は以下の記事をご覧ください。

 

大名・今泉エリアの代表的なマンション


次に、大名・今泉エリアの代表的なマンションを紹介します。

ファミリータイプのマンション

代表的なファミリータイプのマンションは以下5軒です。

  • トーカンマンション天神南(今泉1丁目、築24年、68.52㎡)
  • クレアセンターマーク(今泉2丁目、築20年、80.25㎡)
  • コモダス天神(今泉2丁目、築23年、81.73㎡)
  • 天神ロイヤルガーデン(今泉2丁目、築22年、80.16㎡)
  • ニューアイランド大名マンション(大名1丁目、築41年、64.8㎡)

大名・今泉エリアは隠れ家的なお店やオシャレな路面店が多く、若者に人気が高いエリアです。

しかし、昔ながらの住宅街で、西鉄大牟田線天神駅や地下鉄天神駅も徒歩圏内、買い物も便利で学校も近くにあるためファミリー層にも人気があります。

築20年以上の中古マンションを中心に売られていますが、価格は2,000万円〜5,000万円程度と高めです。

築浅物件が出れば、5,000万円以上の価格でもすぐに買い手は見つかるでしょう。

売却を検討している場合は、すぐにでもイエウールなどのサイトで査定をするべきです。

イエウールで査定する

一人暮らしタイプのマンション

大名・今泉エリアの代表的な一人暮らしタイプのマンションは以下5軒です。

  • グランアルト天神タワー(今泉2丁目、築16年、44.86㎡)
  • ソシアル天神(今泉1丁目、築21年、21.53㎡)
  • ロマネスク大名(大名1丁目、築36年、49.68㎡)
  • ライオンズマンション大名(大名1丁目、築38年、32.11㎡)
  • アンピール天神南(今泉1丁目、築34年、52.8㎡)

大名・今泉エリアは飲食店や商業施設が多く、交通の便も良いため、昔から単身者が多い印象です。

上記のとおり、築年数が古く広めの物件が売りに出されており、価格は1,000万円〜2,000万円程度になります。

大名小学校が、再開発によってリッツカールトンと公共施設が入る高層ビルに変わるなど、今後も需要が見込めるため、築浅物件が出れば投資目的で購入する人も多いでしょう。

 

薬院・平尾エリアの代表的なマンション


ここでは、薬院・平尾エリアの代表的なマンションを紹介します。

ファミリータイプのマンション

薬院・平尾エリアの代表的なファミリータイプのマンションは次の6軒です。

  • ファーネスト平尾(平尾4丁目、築21年、75.51㎡)
  • グランピア薬院(薬院2丁目、築29年、73.42㎡)
  • グレイスマンションイースト平尾(高砂2丁目、築24年、75.55㎡)
  • 藤和シティコープ平尾駅前(那の川2丁目、築24年、66.85㎡)
  • エイルマンション天神(渡辺通2丁目、築14年、74.56㎡)
  • JGMロイヤルガーデン薬院(薬院2丁目、築16年、96.08㎡)

薬院・平尾エリアは、西鉄大牟田線天神駅まで1駅〜2駅と好アクセスでなため、昔から人気の高いエリアです。

薬院には地下鉄の駅もあるため、天神方面にも博多方面にもWアクセスで通勤・通学ができます。

福岡で人気の飲食店が多く、学校区も人気でスーパーなども充実しているため、ファミリータイプのマンションは特に需要が高いです。

売りに出されているマンションは築古が中心の印象ですが、3,000万円〜4,000万円前後となっています。

このエリアの新築マンションは、4,000万円〜6,000万円は最低でもしますし、広めの部屋は億超えです。

築浅マンションであれば、強気な価格設定でも買い手が見つかる可能性は高いと言えるでしょう。

一人暮らしタイプのマンション

代表的な一人暮らしタイプのマンションは次の4軒です。

  • ニューライフ薬院(薬院1丁目、築34年、47.3㎡)
  • ライオンズマンション南薬院(薬院3丁目、築37年、49.57㎡)
  • ハイライフ平尾(平尾4丁目、築43年、42.97㎡)
  • ホワイティ薬院(薬院1丁目、築45年、38.81㎡)

薬院・平尾エリアは、駅近くに多くの一人暮らしタイプのマンションがあります。

さまざまなサイトや情報誌の住みたい街ランキングでは、常に上位にあるなど、薬院・平尾エリアでの生活に憧れる単身者は少なくありません。

新築マンションだと、1LDKでも2,000万円〜3,000万円で販売されているケースがあります。

上記の中古マンションは築古物件ばかりですが、1,000万円〜2,000万円が相場です。

投資目的で購入する人もいるエリアなので、築浅の一人暮らしタイプのマンションが売りに出されたら、すぐに買い手が見つかることでしょう。

売却を検討している人は、急いで査定をすることをおすすめします。

薬院・平尾の詳しい相場は以下の記事をご覧ください。

 

桜坂・浄水エリアの代表的なマンション


次に、桜坂・浄水エリアの代表的なマンションを紹介します。

ファミリータイプのマンション

桜坂・浄水エリアの代表的なファミリータイプのマンションは次の6軒です。

  • アーサー小笹ヒルズレジデンス(小笹4丁目、築13年、76.8㎡)
  • ストリームライン桜坂(谷2丁目、築22年、75.63㎡)
  • ライオンズマンションマキシム桜坂(谷2丁目、築32年、81.1㎡)
  • プレミスト平尾浄水オークハウス(平尾浄水町、築10年、84.73㎡)
  • 東急ドエルアルス桜坂(桜坂1丁目、築24年、84.11㎡)
  • ロマネスク浄水通り第2(薬院4丁目、築33年、62.7㎡)

古くから高級住宅地として分譲マンションや豪邸が並ぶ、桜坂・浄水エリアは、ファミリー層に絶大な人気を誇ります。

山荘通りにはフレンチやイタリアンの人気店が並び、徒歩圏内には動植物園や私立の有名学校があり、緑も多いなど、落ち着いた雰囲気で住みやすいエリアです。

経済的に余裕があるファミリー層が多いため、高めの価格設定でも売却はできるでしょう。

売りに出されている物件は、築古が中心となりますが、3,000万円〜6,000万円程度です。

築10年以内の築浅物件が出れば、即買い手がつくことも考えられます。

地下鉄桜坂駅や薬院駅があるため、天神までも1〜2駅と便利な場所です。

一人暮らしタイプのマンション

桜坂・浄水エリアはファミリー層に人気が高いこともあり、売りに出されている一人暮らしタイプのマンションは1軒でした。

  • ダイナコートエスタディオ桜坂(桜坂3丁目、築26年、20.02㎡)

1人暮らしを希望する場合は、近くの天神や薬院エリアの方が、利便性が高いので、わざわざ桜坂や浄水エリアを選ぶ人は少ない印象です。

とはいえ、「少し落ち着いた雰囲気のエリアで一人暮らしを楽しみたい」というリッチな単身者には人気が高いことが予想されます。

閑静な住宅街エリアのため、ファミリータイプのマンションほど需要は高くないと考えられるため、売却だけでなく賃貸も検討するといいでしょう。
 

大濠・六本松エリアの代表的なマンション


次に、大濠・六本松エリアの代表的なマンションを紹介します。

ファミリータイプのマンション

大濠・六本松エリアの代表的なファミリータイプのマンションは以下6軒です。

  • モントーレセントラルベイコート(長浜3丁目、築6年、73.78㎡)
  • ネオハイツ輝国(輝国2丁目、築30年、78.45㎡)
  • アーサー大濠倶楽部アネックス(荒戸3丁目、築22年、70.83㎡)
  • ライオンズマンション大濠西(鳥飼3丁目、築34年、56.08㎡)
  • ロイヤルマンション大濠(今川1丁目、築37年、58.87㎡)
  • アーバンパレスアクス大濠Ⅲ(荒戸2丁目、築19年、89.1㎡)

大濠には、福岡人の憩いの場である大濠公園や舞鶴公園があり、周辺には高級住宅地が広がっています。

大濠花火大会はなくなったものの、俄然人気の高いエリアで、新築マンションは1億円〜3億円程度で販売中です。

六本松は、駅前で再開発があり、高級老人ホームや分譲マンションが並びます。

築年数が古いマンションが中心となりますが、ファミリータイプは3,000万円〜4,000万円程度で販売されている物件が多いです。

このエリアは、決して利便性が高いわけではありません。

しかし、大濠公園や護国神社があり、桜坂や天神、百道などにもアクセスしやすいこともあり、リッチなファミリー層に人気が高いエリアとなっています。

新築マンションも億超え物件があるなど、非常に価値の高いエリアとなっているため、売却を検討している人は多くの需要があるうちに、動き出した方がいいでしょう。

一人暮らしタイプのマンション

大濠・六本松エリアの代表的な一人暮らしタイプのマンションは次の5軒です。

  • エンクレスト大手門(港1丁目、築19年、21.7㎡)
  • ライオンズマンション大濠第3(黒門、築29年、18.9㎡)
  • ダイナコート六本松Ⅲ(六本松2丁目、築29年、24.39㎡)
  • アンバサダー大濠(今川1丁目、築29年、16.5㎡)
  • チェリベ輝国(輝国2丁目、築31年、44.55㎡)

大濠・六本松エリアは、赤坂や桜坂、天神などに徒歩や自転車で移動できる距離ということもあり、一人暮らしタイプのマンションも多いです。

地下鉄を利用すれば、博多駅や空港方面にもすぐにアクセスできます。

販売されているマンションは築20年〜30年前後の築古物件となりますが、1,000万円〜2,000万円程度の価格です。

昔から人気の高い大濠と、近年注目を集める六本松どちらも単身者ニーズがあるため、築10年前後の物件であれば2,000万円以上の価格は手堅いでしょう。

大濠エリアの詳しい相場は以下の記事をご覧ください。

 

博多・中洲エリアの代表的なマンション


ここでは、博多・中洲エリアの代表的なマンションについて紹介します。

ファミリータイプのマンション

博多・中洲エリアの代表的なファミリータイプのマンションは、次の4軒です。

  • エイルマンション博多駅東コンフォート(東光2丁目、築17年、86.75㎡)
  • シティライフ博多駅南(博多駅南3丁目、築20年、82.11㎡)
  • ウェルリバービュー天神(中洲中島町、築14年、88.14㎡)
  • アメックス博多102プレミアム(住吉5丁目、築17年、79.63㎡)

博多はビジネス街、中洲は繁華街ということもあり、ファミリータイプのマンションは少ない印象です。

治安も決して良いとは言えないため、新築マンションも子育てファミリー向け物件は多くありません。

上記中古マンションは築10年〜20年で80㎡前後と魅力的であり、価格は2,000万円〜4,000万円程度です。

ファミリータイプ向けマンションが多くないからこそ、売却すればすぐに売れる可能性もあります。

一人暮らしタイプのマンション

博多・中洲エリアの代表的な一人暮らしタイプのマンションは以下6軒です。

  • プレスタイル博多SOUTH(博多駅南2丁目、築9年、24.88㎡)
  • アソシアグロッツォ博多セントラルタワー(綱場町、築12年、24.85㎡)
  • エンクレストNEO博多駅南(博多駅南2丁目、築9年、32.68㎡)
  • ネストピア博多駅前Ⅱ(博多駅前2丁目、築6年、34.4㎡)
  • アソシアグロッツォ・タイムズ・スイート博多(博多駅南3丁目、築11年、39.82㎡)
  • アクタス博多ステーションタワー(博多駅東1丁目、築16年、24.99㎡)

博多・中洲エリアは一人暮らし需要が高いエリアと言えます。

博多に勤務先があれば徒歩圏内ですし、中洲に家があれば毎日飲みに行くことができ、天神までも徒歩10分〜15分の距離です。

築10年未満の築浅物件も販売されており、価格帯は1,000万円〜2,500万円となっています。

繁華街で働く人たちも多いため、売却だけでなく賃貸で運用してもいいでしょう。

 

福岡市中央区のマンション価格の推移


ここでは、福岡市中央区のマンション価格の推移について紹介していきます。

ファミリー層に人気のエリアは高値を維持

まず、福岡市自体が、人口増加が続いているエリアということもあり、中央区や早良区、南区や博多区など各区のマンション価格が高値で推移しています。

特に価格が高いところが、ファミリー層に人気の大濠や薬院、平尾、桜坂、赤坂などです。

豪邸や億超えのマンションが並ぶ、このエリアの中古マンションは新築と比べても遜色のない価格水準で取引されています。

福岡は、全国的に見ても人気が高く、アジアの玄関口でもあるため、国内外の単身者やファミリー層、投資家から注目を集めるエリアです。

そのため、高値でマンション売却ができます。

ただし、東京オリンピック以降は福岡の不動産需要も落ち着く可能性があるため、今のうちに売っておいた方がいいでしょう。

人口増加で一人暮らしタイプのマンションも伸びている

価格が高値で推移しているのは、一人暮らしタイプのマンションも同様です。

学生が九州各県から進学して、ビジネスマンが転勤や単身赴任で集まり、外国人移住者も多いエリアです。

実住としての一人暮らしタイプマンションの需要が高いだけでなく、投資目的として購入する国内外の投資家も少なくありません。

また、近年では、平尾や薬院、博多、天神などの物件でエアビーを活用しているケースもよく見ます。

築20年前後で2,000万円を超える一人暮らしタイプのマンションもありました。

人口増加が需要を下支えしているため、高値で売却できるうちに決断することをおすすめします。

一括査定サイトを積極的に活用しましょう。

上の記事で紹介している一括査定サイトは「信頼できる」「悪徳な不動産会社を排除している」というものばかりなので

この8個の査定サイトから2つ~3つ程度の一括査定サイトを利用すれば、地域にもよりますが6社~12社くらいの話は聞けるので、オススメです。

 

福岡市中央区でマンションを探している人の特徴


ここでは、福岡市中央区でマンションを探している人の特徴について紹介します。

家計に余裕があるファミリー層

家計に余裕があるファミリー層が、福岡市中央区のマンションを狙っている印象があります。

ファミリー層に人気のエリアは、有名な飲食店が点在し、豪邸や高級マンションが多いためです。

歩いていると高級車ばかりが駐車場に停まっています。

赤坂、桜坂、大濠、薬院、平尾など、賃貸マンションの家賃も高いため、家計に余裕があるファミリー層がマンションを狙っていることでしょう。

そのため、強気な価格設定でも、すぐに買い手が見つかることが考えられます。

将来、賃貸や売却を考えている人

福岡市中央区のマンションは、将来、賃貸や売却を考えている人が狙っているとも考えられます。

福岡では、中央区を中心に再開発が進んでおり、人口も増加しているため、急激な値崩れは考えにくいです。

ファミリー層、一人暮らしタイプどちらも需要があるため、投資感覚を持った人がマンション購入を考えている可能性が高いと言えます。

再開発が完了する2024年前後を狙って売却したり、賃貸で運用して稼ぐことを狙っている人たちが購入するイメージです。

収入が高い独身者

収入が高い独身者も、福岡市中央区でマンションを探している印象があります。

早良区になると利便性が落ちますし、博多区になると中央区よりもブランド感が劣る印象なため、中央区の赤坂や天神、薬院などのマンションを狙っているイメージです。

駅が近いため通勤もしやすいですし、飲食店や店舗も多いため生活に困りません。

タワーマンションもあり、空港や海、歓楽街も近いなど、何でも揃っているので独身生活を謳歌できます。

リッチな独身者は中央区のマンションを探している可能性が高いでしょう。

 

中央区のマンションを高く売るポイント

ここまで紹介したように、福岡市中央区のマンションは非常に需要が高いと考えられます。

しかし、売却戦略を間違ってしまえば、本来売れる価格より400万〜500万円損する可能性があるため注意が必要です。

高値で売却するためにも、しっかりとした売却戦略を立てましょう。

人気のエリアは高値で設定

ここで紹介したエリアは、福岡市中央区の中でも人気の高いところばかりです。

これらのマンションを売却する場合は、強気の価格設定をするといいでしょう。

需要は高いですし、マーケットは経済的に余裕がある人たちです。

「こんなに高くしていいのかな?」と思うくらい、強気な価格設定でも買い手がすぐに見つかる可能性があります。

ただし、根拠のない価格設定では失敗しますので、まずは査定をしてみましょう。

きっと驚くような金額になるはずです。

そして、信頼できる不動産会社をパートナーに選んだうえで、マンションを売るようにしましょう。

まとめ

全国的に人気の高い街、福岡において、福岡市中央区は最もマンション需要があるエリアです。

人口も増加中で海外からも注目され、再開発がスタートするなど、マンション売却には非常に魅力的な場所・タイミングだと言えます。

ぜひ、信頼できる不動産会社と一緒にマンション売却を進めていきましょう。

関連記事

  1. 住みながらにマンションを売りたい!居住中の中古マンション売却のコツ9選

  2. マンションは不動産業者に買取してもらうのがおすすめ

  3. 不動産を売却したい!売却益にかかる税金は?

  4. 不動産を売却したい!どのようにして値段を調べるの?

  5. 47都道府県の中古マンションの売却相場を教えちゃいます。

  6. マンション買取は売却よりもメリットがあるのか解説!

Banner

  1. 【三島市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.04.10

  2. 【三島市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.10

  3. 【御殿場市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選…

    2024.04.08

  4. 【御殿場市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.08

  5. 【富山市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.03.12

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

to top TOPへ戻る