• and
  • or

福岡市中央区の天神、赤坂のマンション売却相場は?高額で売るポイントまで紹介!

天神、赤坂エリアのマンションは、福岡市中央区の中でも人気が高いです。

交通利便性が優れていて、商業施設や店舗が多く、便利な生活ができます。

天神は再開発の中心地であり、赤坂は閑静な住宅街が広がる人気エリアです。

裕福なファミリー層に加えて、単身者や国内外の投資家からの需要も見込めるため、高値でマンションの売買ができます。

しかし、どのような需要があり、どんなマンションが売れるかを把握していないと、相場より数百万円安く売ることになるため注意しましょう。

本記事で紹介する内容は、次の4点です。

  1. 天神、赤坂エリアの売却相場
  2. 天神、赤坂エリアで購入を考える人
  3. 売りやすい&売りにくいマンション
  4. 高く売却するための方法

これらの内容を知ることで、より良い条件でマンション売却ができますので、参考にしてください。

中央区各エリアの売却相場を知りたい方は以下の記事がおすすめです。

福岡市中央区のマンションの売却相場


住友不動産販売による、福岡市中央区のマンションの売却相場は以下のとおりです。

(面積:金額)

20㎡〜30㎡ 500万円〜1,500万円
50㎡〜60㎡ 1,500万円〜2,500万円
60㎡〜70㎡ 2,000万円〜3,000万円
70㎡〜80㎡ 3,000万円〜4,000万円

(2019年12月時点)

ただし、住友不動産販売のデータに限ったことではありませんが、対象物件が少ないので、もっと高値で売買できる可能性があります。

福岡は、国内だけでなくアジアからの需要も多いエリアです。

特に福岡市中央区は、天神コア周辺や大名小学校跡地などが再開発エリアになっているので、非常に高い金額での売買が期待できます。

そのため、築年数が浅い、ファミリータイプや一人暮らしタイプのマンションであれば、驚くような査定金額がつくでしょう。

高値かつ早期で売却ができるはずです。

1-1.代表的なファミリータイプマンションの相場

福岡市中央区の天神、赤坂エリアで代表的なファミリータイプのマンションは、次の8軒です。

  • ライオンズ赤坂セントマークス(赤坂1丁目、築13年、64.22㎡)
  • 赤坂エクセル(赤坂3丁目、築46年、54.75㎡)
  • アクロス天神センタープラザ(渡辺通3丁目、築15年、80.28㎡)
  • アクロス天神Vタワー(舞鶴1丁目、築15年、50.5㎡)
  • ロワール赤坂けやき通り(赤坂3丁目、築15年、66.1㎡)
  • エイルマンション天神(渡辺通2丁目、築14年、74.56㎡)
  • ライオンズタワー赤坂けやき通り(赤坂2丁目、築13年、95.4㎡)
  • アートウィル赤坂(赤坂3丁目、築26年、65.61㎡)

天神、赤坂エリアのファミリータイプマンションは、築15年以上、広さ60㎡〜80㎡程度の物件が売られています。

この条件でも、3,000万円〜5,000万円以上の相場です。

天神、赤坂は福岡市中央区の代表的エリアであり、古くから高い人気を誇ります。

天神は、西鉄大牟田線の始発駅でもあり、薬院や平尾、高宮には10分以内で行くことが可能です。

地下鉄を利用すれば、博多までは6分、福岡空港までも10分〜11分程度で到着します。

そして、デパートや百貨店、オフィスビルが多く、市役所もある福岡市の中心地です。

赤坂は、天神から地下鉄で1駅で、徒歩でも15分圏内の距離に位置していて、大濠公園にも近い高級住宅街となっています。

天神エリアは、2024年までに30棟のビル建て替えを目標とする、再開発プロジェクト「天神ビッグバン」も進行中です。

そのため、高いマンション需要が期待できるでしょう。

築年数が浅く、80㎡以上のマンションを所有している場合は、1度査定に出してみてください。

想像以上の高値がつくはずです。

1-2.代表的な一人暮らしタイプマンションの相場

天神、赤坂エリアで代表的な一人暮らしタイプのマンションは、次の8軒です。

  • ニューライフ天神(天神4丁目、築37年、46.21㎡)
  • ライオンズマンション天神(舞鶴1丁目、築41年、43.5㎡)
  • ラフォーレ赤坂アネックス(赤坂3丁目、築16年、24.56㎡)
  • グランピア赤坂(赤坂1丁目、築35年、42.54㎡)
  • ルネス・ロワール天神サウス(清川2丁目、築28年、21㎡)
  • ネオハイツ天神(大名2丁目、築35年、29.01㎡)
  • ルネッサンス21天神サウス(清川3丁目、築13年、24.97㎡)
  • クレスティアステージア天神(高砂2丁目、築11年、22.52㎡)

天神、赤坂エリアは、オフィスビルや飲食店、商業施設が充実しているため、単身者にも高い人気を誇ります。

上記のように、このエリアで販売中の一人暮らしタイプマンションは、築浅物件が少ないです。

しかし、それでも相場は1,000万円〜2,000万円程度と高めになっています。

天神コアや福岡ビル、イムズなどの建て替え、大名小学校跡地の高層ビルとリッツカールトンなど、このエリアは再開発の中心地です。

そのため、一人暮らしタイプマンションも、実住目的の単身者や国内外の投資家から注目を集め、今後は更に高値の売買が期待できるでしょう。

博多や福岡空港にも近く、高速バスターミナルもあり、どこへ行くにしても便利なので、エアビー目的での購入も考えられます。

天神、赤坂エリアに、築浅の一人暮らしタイプマンションを所有している場合は、早めの査定がおすすめです。

今、福岡市中央区の中で最も熱いエリアなので、高値かつ早期売却が見込めます。

このエリアであれば、イエウールマンション.naviの一括査定サイトがいいでしょう。

 

天神、赤坂でマンション購入を考えている人とは?


ここでは、天神、赤坂エリアでマンション購入を考えている人の特徴や理由について、紹介します。

どんな人が多いのかを知ることで、売却のイメージがしやすくなり、より明確な売却戦略を立てることが可能です。

また、ターゲット層を得意とする不動産会社選びもしやすくなります。

以下は、ここで紹介する購入者層3タイプです。

  1. 天神はリッチな単身者や投資家が狙う
  2. 赤坂は裕福なファミリー層が狙う
  3. 天神、赤坂周辺の大名や舞鶴は単身者や投資家が考える

それぞれの、特徴や理由について見ていきましょう。

2-1.天神はリッチな単身者や投資家が狙う

天神エリアのマンションは、リッチな単身者や投資家が狙っていると考えられます。

天神のマンション価格は、福岡の中でもトップクラスです。

そのため、所得が高いリッチな人でしか、購入することができません。

さらに、現在、再開発が進んでいるため、今後はもっと高値で売買される可能性もあります。

福岡市は人口が増え続けているエリアでもあり、マンション価格は常に高値で推移中です。

天神コアやビブレ、パルコ、岩田屋、三越などの商業ビルや百貨店が立ち並び、天神中央公園や子育て施設のあいくるもあります。

スーパーも多く、総合病院など医療機関も充実していて、飲食店もたくさんある地域です。

九州一の繁華街である中洲までも徒歩圏内となっています。

天神エリアのマンション需要は、非常に高いことが予想されるため、アジアを中心とした投資家も購入を検討するでしょう。

このように、天神エリアのマンションは、リッチな単身者や投資家が購入を検討する可能性があります。

2-2.赤坂は裕福なファミリー層が狙う

赤坂エリアのマンションは、裕福なファミリー層が狙っていると考えられます。

地下鉄赤坂駅があり、天神駅や大濠公園駅までは1駅です。

長浜や警固、大名も徒歩圏内であり、福岡人の憩いの場、大濠公園までも徒歩20分程度で着きます。

駅周辺には深夜まで営業するスーパーや美味しいパン屋、人気の飲食店が揃っており、日々の生活で困ることがありません。

学校も近く塾や習い事の施設があり、緑も多いため、子育て世帯にも人気があります。

赤坂エリアで販売中の新築マンションは、3LDKで5,000万円以上、広めの4LDKだと1億円を超える相場です。

駅や大濠公園に近くて住環境や利便性が良く、昔からネームバリューのある地域のため、裕福なファミリー層が狙っているでしょう。

2-3.天神、赤坂周辺の大名や舞鶴は単身者や投資家が考える

天神、赤坂周辺の大名や舞鶴エリアは、単身者や投資家がマンション購入を考えるでしょう。

天神、赤坂から徒歩圏内であり、天神エリアとして、一緒くたに考えられることが多いためです。

大名小跡地には、25階建てのオフィス・ホテル棟と11階建てのコミュニティー棟が建つ予定であり、リッツカールトンが入居します。

これにより、訪日外国人が多い福岡において、このエリアの需要が高まることは容易に想像できます。

そうすれば、周辺の地価が上昇し、マンション価格も高くなります。

天神は再開発が集中しており、大名や舞鶴エリアのマンションを単身者や投資家が狙っています。

3.天神、赤坂で売りやすい&売りにくいマンション

ここでは、天神、赤坂エリアで売りやすい&売りにくいマンションについて紹介します。

どのようなマンションが、売りやすい&売りにくいかを知ることで、市場ニーズを確認でき、適切な売却条件や戦略を考えることが可能です。

市場ニーズがわからないでいると、明確な売却シミュレーションが立てられませんし、適切な売却判断もできなくなります。

以下は、天神、赤坂の売りやすい&売りにくい、6つのマンションタイプです。

◆売りやすい

(1)天神3丁目、4丁目、5丁目のマンション
(2)赤坂駅近くのマンション
(3)赤坂1丁目〜3丁目全域のマンション
(4)大名の一人暮らしタイプマンション

◆売りにくい

(5)天神のビジネス街に近いマンション
(6)中洲に近いファミリータイプマンション

1つずつ、確認していきましょう。

3-1.売りやすいマンション:天神3丁目、4丁目、5丁目のマンション

天神、赤坂エリアで売りやすいマンションと考えられるのが、天神3丁目、4丁目、5丁目のマンションです。

3丁目、4丁目、5丁目のエリアは、ビジネス街の中心地から少し離れていて、マンションが多数立ち並んでいます。

大通りから1歩入ったところなので、静けさもありますし、大きな公園や美術館などもある場所です。

徒歩圏内に、スーパーやショッピングビル、カフェや飲食店、バス停があるため、日々の生活で困ることはありません。

天神1丁目や2丁目は、ビジネス色が濃いエリアですが、3丁目〜5丁目であれば、ファミリー層からのニーズも期待できます。

このような理由から、天神3丁目、4丁目、5丁目のマンションは、売りやすいマンションです。

3-2.売りやすいマンション:赤坂駅近くのマンション

赤坂駅近くのマンションは、売りやすいマンションと考えられます。

このエリアは、利便性が優れている場所でありながら、住環境も良いためです。

地下鉄赤坂駅からは、天神や大濠公園だけでなく、百道方面にも行くことができます。

また、教育施設や医療施設も充実しているエリアです。

赤坂駅周辺のマンションは、幅広い世代からのニーズが予想されます。

数年前に、赤坂駅直結のタワーマンションができましたが、すぐに完売しました。

利便性と住環境を併せ持つ、赤坂駅近くのマンションは、売りやすいマンションと言えるでしょう。

3-3.売りやすいマンション:赤坂1丁目〜3丁目全域のマンション

赤坂で売りやすいマンションは、駅近くだけではありません。

1丁目〜3丁目全域のマンションが売りやすいと考えられます。

1丁目や2丁目は赤坂駅や大濠公園、3丁目は赤坂公園や護国神社、けやき通りに近く、資産価値も高いとされるエリアです。

閑静な住宅街があり、幼稚園や小学校、中学校、県立体育館などがすべて徒歩圏内にあるなど、子育て世帯も安心して生活できます。

ネームバリューもある、赤坂1丁目〜3丁目全域のマンションは、すぐに買い手が見つかるでしょう。

3-4.売りやすいマンション:大名の一人暮らしタイプマンション

大名の一人暮らしタイプマンションも、売りやすいマンションと言えます。

天神と赤坂の間にあり、Apple StoreやH&Mなどが並ぶ西通りや昔ながらの紺屋町商店街がある人気のエリアです。

大名小学校跡地の再開発があるなど、今後の発展が期待できます。

若者にも人気が高いエリアなので、一人暮らしタイプマンション需要が見込めるでしょう。

大名に一人暮らしタイプマンションを持っている方は、早速、査定をしてみてください。

3-5.売りにくいマンション:天神のビジネス街に近いマンション

天神のビジネス街に近いマンションは、売りにくい可能性があります。

近くにマンション自体が少なく、オフィスビルが閉まると、人通りもなくなるためです。

ファミリー層の需要は期待できないでしょう。

単身者向けだとしても、売却は難しい可能性もあるため、賃貸も検討することをおすすめします。

天神、赤坂エリアで売りにくいのは、天神のビジネス街に近いマンションです。

3-6.売りにくいマンション:中洲に近いファミリータイプマンション

中洲に近いファミリータイプマンションも、天神、赤坂エリアで売りにくいマンションと考えられます。

言わずもがな、中洲は日本三大歓楽街の1つであり、夜は多くの人で賑わう地域です。

暴力事件やトラブルが頻繁に起きているため、子育て世帯などのファミリー層には受け入れられないでしょう。

一人暮らしタイプマンションであれば、一定の需要が見込めますが、ファミリータイプマンションは厳しいです。

不動産会社と相談をして、賃貸を検討するなど、売却とは別の手段も視野に入れる必要があります。

天神、赤坂エリアで売りにくいのは、中洲に近いファミリータイプマンションです。

 

天神、赤坂のマンションを高く売却する方法


ここでは、天神、赤坂エリアのマンションを高く売却する方法について紹介します。

マンションを高く売却する方法を知らないと、相場より数百万円安くなる可能性がありますので、気をつけましょう。

天神、赤坂のマンションを高く売却する3つの方法を知っていれば、相場より高く売ることができ多くのお金が入ってきます。

以下は、高く売却するための3つの方法です。

  1. 赤坂付近のマンションは特に強気の価格設定をする
  2. 天神ビジネス街のマンションは賃貸も検討する
  3. オリンピック前のタイミングで売却する

それぞれの内容について、確認していきましょう。

4-1.赤坂付近のマンションは特に強気の価格設定をする

赤坂付近のマンションは、特に強気の価格設定をすることが、高く売るためのポイントです。

赤坂エリアは地下鉄が近く、天神や警固までも徒歩圏内、国体道路にもすぐにアクセスができるなど、利便性に優れています。

また、都市高入口にも近いため、車で遠出する際にも便利です。

加えて、舞鶴公園や大濠公園、福岡市美術館や護国神社、赤坂公園など、福岡の有名スポットが近くにあります。

人気の高い、六本松や桜坂、薬院までも歩いて移動でき、県外からも食べに来る人気の飲食店やスイーツ店、オシャレなセレクトショップなども揃っているエリアです。

利便性と住環境のバランスが良く、閑静な住宅街が広がる県内有数の人気エリアなので、多くのマンション需要が期待できます。

特に、築年数が浅いファミリータイプマンションを売却する場合は、高値で売却が可能です。

需要に供給が追いついていないエリアなので、遠慮せず、強気の価格設定をしましょう。

まずは、イエウールやマンション.naviで査定をしてみてください。

驚くような金額が提示されるはずです。

とてもニーズのあるエリアなので、赤坂付近のマンションは強気の価格設定をすることで、高く売却できます。

4-2.天神ビジネス街のマンションは賃貸も検討する

天神ビジネス街に近いマンションは、売却だけでなく賃貸も検討しましょう。

売却だけにとらわれると、資産を安く手放すことになりかねません。

選択肢を広げることで資産の有効活用ができ、結果として、より多くのお金を手にする可能性があります。

天神ビジネス街のマンションは、勤務地が近い単身赴任者のニーズが考えられるでしょう。

売却だと時間がかかる可能性がありますが、賃貸であれば、すぐに借り手が見つかることが考えられます。

天神エリアはオフィスの稼働率が高く、法人需要も期待できるためです。

天神のビジネス街にマンションを所有している場合は、売却だけでなく、賃貸も検討をしてベストな方法を選ぶようにしてください。

4-3.オリンピック前のタイミングで売却する

オリンピック前のタイミングで売却することも、高く売るための方法です。

天神エリアは再開発があるため、マンション価格が高くなる可能性はあります。

しかし、全国的には、オリンピック閉幕後にマンション価格が下落する予測です。

これまでは、日銀の金融緩和やオリンピックバブルによって、マンション価格は右肩上がりの成長でした。

2020年以降は、オリンピック閉幕や消費税増税の影響、生産緑地問題や高齢者増加問題などによって、マンション価格は下がるという考えが大方の見方です。

以下のとおり、日本不動産研究所の「東京23区のマンション価格と賃料の中期予測」を見ても、2020年以降は下落予測になります。

(年度:金額)

2017年 98.9円/㎡
2018年 101.0円/㎡
2019年 100.9円/㎡
2020年 98.5円/㎡
2025年 95.0円/㎡

(1㎡あたりの価格)

天神再開発によって価格上昇の恩恵を受けるエリアは、限定的な可能性もあるため、オリンピック前に手放すのも高く売るための1つの方法です。

 

天神、赤坂のマンションを査定する場合のおすすめ


最後に、天神、赤坂のマンションを査定する場合の、おすすめ一括査定サイトを紹介します。

信頼できる一括査定サイトを活用すれば、優秀な不動産会社を見つけることができ、マンションを高値で売ることが可能です。

サイトによって、登録業者数や優秀な不動産業者を見つけられるかが変わってきますので、信頼できるサイトを利用することが大切になります。

ここでは、実績豊富で信頼できるおすすめサイト「イエウール」と「マンション.navi」の特徴について見ていきましょう。

5-1.イエウール

天神、赤坂のマンションを査定する場合のおすすめ一括査定サイトが、イエウールです。

イエウールは全国の厳選1,600社以上に対応していて、クレームの多い業者は排除しています。

そのため、優秀な不動産会社を見つけられる可能性が高く、高額な査定金額を期待できるのが特徴です。

利用者は1,000万人を超えており、最大6社に同時査定依頼ができる、国内最大級の一括査定サイトとなっています。

天神、赤坂エリアのマンションを売却する場合は、イエウールでの査定がおすすめです。

イエウールで査定する

5-2.マンション.navi

マンション.naviも、天神、赤坂のマンションを査定する場合のおすすめ一括査定サイトです。

マンション.naviは、全国2,500を超える店舗と提携していて、最大9社に査定依頼を出すことができます。

さまざまな評価ランキングで1位を獲得しているサイトです。

45秒ほどの入力で査定依頼を出せるため、煩わしさもありません。

天神、赤坂エリアのマンションを売却する場合は、マンション.naviもおすすめです。

マンション.naviで査定する

 

まとめ

ここでは、天神、赤坂のマンション売却相場や購入層、高く売るための方法などについて紹介しました。

このエリアは、再開発プロジェクト天神ビッグバンの中心地であり、高いマンション需要が期待できます。

ただし、オリンピック以降は価格が下がる可能性もあるため、売却を検討している方は、早めにアクションをとることがおすすめです。

ここで紹介した、高く売るための方法や一括査定サイトなどを参考にして、早速、売却を進めていきましょう。

関連記事

  1. マンション売る時に値切られた!値下げ交渉の極意を関西人が教えます。

  2. 相続不動産を売却したい!どんな税金がかかるか?節税する方法とは?

  3. 福岡市南区のマンション売却相場は?高額で売るポイントまで紹介!

  4. 任意売却したい!引越し費用を確保する方法とは?

  5. 新築マンションをお得に買い取ってもらうには?

  6. 不動産売却時のつなぎ融資って?

Banner

  1. 【三島市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.04.10

  2. 【三島市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.10

  3. 【御殿場市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選…

    2024.04.08

  4. 【御殿場市版】相続時におすすめの不動産会社ランキング

    2024.04.08

  5. 【富山市版】相続に強いおすすめ専門家一覧と相談する専門家の選び方

    2024.03.12

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

to top TOPへ戻る