• and
  • or

急な転勤!マンションを売却したい人に最高の売る方法を教えます。

「急に転勤が決まった。マンションを売りたいけど、どうすればいい?」

「転勤でマンションを売りたいけど、すぐに売れる?」

など、急な転勤が決まり、マンション売却について詳しく知りたいと考える方は多いです。

結論から言えば、転勤時のマンション売却は良い条件で売ることができます

転勤時期が同じ会社が多く、マンション需要が生まれるからです。

ただし、スピーディーに行動できなければ、売却チャンスを逃して余計な維持費がかかることになります。

そこで本記事では転勤時のマンションを売却するポイントや秘訣を紹介しています

この記事を読めば、転勤時のマンションをより良い条件で売却することが可能です。

転勤でも2パターンあるので、当てはまる方を選ぼう


転勤から戻ってくる場合は賃貸、戻らない場合は売却がおすすめです。

賃貸は再びマンションで生活ができ、売却は新生活に向けて動きやすくなるからです。

ただし、どちらの場合も慎重に進めないと何十万円もの出費が必要になります。

そうならないためにも、転勤状況に合ったマンションの対応策や注意点について確認していきましょう。

基本的に戻ってくる場合は賃貸?

転勤からいずれ戻ってくる場合は、売却だけでなく賃貸も選択肢になります。

賃貸であれば、転勤が終わったら住み慣れたマンションでまた生活ができるからです。

賃貸に出している間は、家賃収入で住宅ローンを返済することができます。

立地の良いマンションであれば、借り手はすぐに見つかりますし、高い家賃収入を得ることが可能です。

ただし賃貸は、「帰ってきてもすぐに住めない」場合があることを覚悟しなければなりません。

なぜなら、貸主の都合で入居者に出ていってもらうことは賃貸に関する法律(借地借家法)で禁止されているからです。

そのため転勤から帰ってきても、入居者が退去するまでは元のマンションで生活することができません。

あらかじめ賃貸期間を定めた「定期借家」契約で賃貸に出す方法もありますが、借り手が見つかりにくい上に高く貸すことは難しいです。

転勤から戻ってくる場合は賃貸も選択肢になりますが、すぐには入居できないことを覚悟しておく必要があります。

戻ってこない可能性が高い場合は売却

転勤から戻ってこない可能性が高い場合は、売却がおすすめになります。

戻らない可能性が高いのに、賃貸に出すのはリスクが高いからです。

売却をすればまとまったお金が入り、新居購入費や生活費に充てることができます。

ただし売却の場合は、なにかあった時に戻ってこないといけない場合があるため注意が必要です。

賃貸は、すべての手続きや顧客対応を管理会社に任せることができますが、売却はそうはいきません。

内覧や契約、売却後のクレーム対応など、戻って直接対応をする必要が出てきます。

転勤先が遠い場合は、交通費負担やスケジュール調整が大変です。

転勤して戻らない場合は売却がおすすめですが、このような注意点を考慮しておきましょう。

【パターン別】転勤時のマンション対応策


転勤時のマンションは、自分に合った対応方法で進めることが大切です。

そうしないと、売却や賃貸チャンスを逃して損することになります。

事前に複数の進め方を知っておくことで、自分に合った方法で進めることが可能です。

ここでは、以下6パターンについて確認していきましょう。

  1. マンションを売却してすぐに新居購入
  2. 売却して、まずは賃貸マンションに住む
  3. 単身赴任をして売却後に新しいマンションを買う
  4. 単身赴任して売却後に賃貸マンションに住む
  5. マンションを貸して、自分も賃貸マンションに住む
  6. ローンが通れば賃貸して新居購入

マンションを売却してすぐに新居購入

転勤に合わせてマンションを売却して、転勤先では新居を購入する方法があります。

この方法は、転勤先から戻らず賃貸ではなく持家を希望する方におすすめです。

賃貸で無駄な家賃を支払うことがなく、新居で新しい生活をスタートさせることができます。

ただし売却代金が住宅ローン残高を下回る場合は、足りない分を他の資産で補わなくてはなりません

もし補う余力がない場合は、住み替えローンの利用を検討しましょう。

住み替えローンとは「不足分+新居住宅ローン」の融資をまとめて受けられるローンのことです。

持家を希望する場合は、マンションを売却してすぐに新居購入を検討しましょう。

売却して、まずは賃貸マンションに住む

マンションを売却して、まずは賃貸に住む方法もあります。

元々賃貸を希望している方、住み替えローンが通らなかった方は賃貸に1度住みましょう。

賃貸は、ライフスタイルや仕事の変化に合わせて気軽に引越しができ、転勤があった場合も対応がしやすいのが魅力です。

賃貸が気に入ればそのまま住み続けたり、ゆっくりと新居探しをすることもできます

賃貸希望者やローンが通らなかった方は、1度賃貸に住んで、その後の住まいについては時間をかけて考えましょう。

単身赴任をして売却後に新しいマンションを買う

このパターンは、旦那さんが単身赴任中にマンション売却と新居探しを行い、売却が決まったら家族を呼ぶ方法です。

残った家族で内覧対応ができるので売却活動を進めることができ、旦那さんは戻る必要がありません。

この方法であれば、売却活動と新居探しを止めることなく進められます

このように、ファミリーの場合は旦那さんが先に単身赴任をして、売却後に新しいマンションを買って住む方法もおすすめです。

単身赴任して売却後に賃貸マンションに住む

この方法は上記と似ていますが、旦那さんが先に単身赴任をして、売却が完了した後に家族と一緒に賃貸で生活をする方法です。

賃貸に住んでから新居を購入してもいいですし、そのまま住み続けることもできます。

じっくりと時間をかけて家族で新居探しをしたり、住まいについて悩みたい方におすすめの方法です。

マンションを貸して、自分も賃貸マンションに住む

マンションを売却しない場合は、貸して自分も賃貸に住む方法があります。

家賃収入でローンを返済しながら、賃貸で新しい生活をスタートする方法です。

賃貸に住んだ後に新居を購入してもいいですし、賃貸に住み続けることもできます。

また、転勤後に戻る可能性があれば、再び元のマンションで生活することも可能です。

賃貸マンションに住んでいる間に、今後の住居についてゆっくりと考えることができます

ローンが通れば賃貸して新居購入

ローンが通ればマンションを賃貸に出し、新居を購入する人もいます。

「現在のマンションローンがまだ残っている…」と不安に感じる人もいますが、住宅ローンが残っていても新しいローンを組むことは可能です。

住宅ローン残高や収入状況によっては十分利用ができます。

転勤が終わった後に、元のマンションに戻れるのも嬉しいポイントです。

このように、ローンが通ったら賃貸に出して、家賃収入を得ながら新居生活を始めるのも1つの方法になります。

急な転勤でスグにマンションを売却しなければならない場合


ここで紹介する方法であれば、最短2日〜3日でマンションを売却することができます。

業者買取や安い価格で売り出せば、早く売却することは可能です。

これらの方法を知らなければ、売却に半年以上かかる可能性があります。

急な転勤でスグにマンションを売却しなければならない場合は、以下4つの方法で進めてください。

  1. すぐに査定をしてもらう
  2. 不動産業者の買取サービスが早い
  3. 他のマンションの価格より安めで設定をして売る
  4. 知り合いや親族に売却をする

すぐに査定をしてもらう

急な転勤で売却しなければならない場合は、すぐに査定をしてもらいましょう。

転勤の辞令は7月が比較的多いです。

転勤時期が重なるので、高いマンション需要が期待できます

需要がある時は、通常よりも良い条件で売ることが可能です。

早く買い手が見つかり高く売れる可能性があるので、転勤が決まったらすぐにイエウールなどの一括査定サイトを利用して、査定をしてもらいましょう。

イエウールの公式サイトを確認

不動産業者の買取サービスが早い!

どうしても早くマンション売却をしたい場合は、業者買取を利用しましょう。

買取金額に合意さえできれば、すぐに業者がマンションを買い取ってくれます。

2〜3日程度で買い取り、1週間〜2週間程度で代金が振り込まれるスピードが魅力です。

マンション売却時期が一般的な転勤のタイミングではなくて、買い手が見つかりづらい場合はおすすめの方法になります。

ただし業者買取の場合は、仲介での売却より2割〜3割程度安くなるので注意してください。

仲介で3,000万円なら、買取だと2,100万円〜2,400万円程度です。

その点も考慮した上で早く売却したい方には、非常に有効な方法になります。

買取業者を探す場合は、効率よく複数業者を比較できる一括査定サイトを利用しましょう。

不動産買取ナビ」や「いえらぶ」などがおすすめです。

スピード重視で進めたい方は、不動産業者の買取サービスで進めましょう。

他のマンションの価格より安めで設定をして売る

急な転勤で早くマンションを売却したい場合は、他のマンションより安く売りましょう。

価格を相場より安くすることで、買い手が見つかりやすくなるからです。

価格が安いことは買主にとって魅力的なことで、購買意欲を高めることができます。

相場より2割程度安く設定すると非常に効果的です。

ただし「2割も安くしたくない!」という場合は、1割程度の値下げでも構いません。

早く売却したい時は、マンション価格を安く設定して売るようにしましょう。

知り合いや親族に売却をする

知り合いや親族で欲しい人がいれば、すぐにマンションを売却できます。

不動産業者探しや買主を探す手間・時間がかからないためです。

家に来たことがあるならば、マンションの特徴やデメリットもある程度理解もしています。

そのため、マンションの内覧をしてすぐに売買が可能です。

知っている人が住んでくれたら嬉しいですし、売却後もマンションに遊びに行くことができます。

知り合いや親族でマンションを欲しがっている人がいれば、真っ先に相談してみましょう。

転勤する時のマンションを売る秘訣


ここで紹介する秘訣を知っていれば、スムーズにマンション売却ができるようになります。

転勤時のマンション売却には、ちょっとした工夫が必要だからです。

秘訣を知っていれば買主への対応もナチュラルにでき、早く高く売れる可能性が出てきます。

これらの秘訣を知らない場合は希望通りに売れなくて、数十万円の維持費を余計に支払うことになるので注意が必要です。

6つのマンションを売る秘訣について、確認していきましょう。

時期が良いので早く売れる場合がある

転勤時のマンション売却は時期が良いので、早く売れる可能性があります。

前述の通り、転勤の辞令が出るのはどこも同じようなタイミングで、マンション需要が見込めるからです。

転勤先でマンション購入を考えている人がたくさんいます。

ただし、すぐに購入を決める人も多いので、スピード重視で売却を進めることが大事です。

そのため、転勤が決まったらできるだけ早く査定に出しましょう。

通常の売却であれば、仲介業者の一括査定サイトが便利です。

簡単な入力で複数業者に査定依頼を出すことができ、業者比較もできます。

イエウール」や「リビンマッチ」などがおすすめです。


転勤でマンションを売却したい場合は、できるだけ早く動くことが大切になります。

居住中は意外と売れやすい

転勤前で居住中の時に売るのもマンションを売る秘訣になります。

居住中の部屋は、買主が生活イメージをもちやすいからです。

テーブルやカーテン、食器棚や冷蔵庫など家具・家電があるので部屋の広さや使い方がわかります。

また、居住中であれば内覧対応もしやすいです。

つまり、転勤前の居住中の時期はマンション売却の絶好のチャンスと言えます。

居住中は意外に売れやすいので、転勤前に早めに行動をしましょう。

家族の同意があるので協力して売ろう

転勤でマンション売却する際は、家族に協力をしてもらいましょう。

家族の協力があれば売却活動がスムーズに進み、早く売れるからです。

「転勤」という事情があるので、家族間での意見もすんなりとまとまります。

家族の協力があれば内覧調整がしやすくなりますし、奥さんに内覧対応を依頼することが可能です。

残った家族が対応してくれるため、旦那さんが単身赴任中にマンション売却することもできます。

転勤時は家族の意見がまとまりやすいので、マンション売却がしやすいです。

新居に使わない荷物を先に送ろう

新居が賃貸・分譲どちらの場合でも、使わない荷物は先に送っておきましょう。

不要な荷物がなくなり部屋がスッキリと広く見えて、内覧で良い印象を与えられるからです。

内覧で良い印象を与えることができれば、早く高くマンション売却ができる可能性があります。

荷物がそのままで部屋や収納がごちゃごちゃした状態だと、内覧で良い印象を与えることは難しいです。

マンションを売却しやすくするためにも、使わない荷物は先に新居へ送るようにしてください。

売却理由が“キレイ”なのでアピールする

「転勤」という売却理由は前面にアピールしましょう。

売却理由がキレイで買主が安心するからです。

買主は「なぜこのマンションが売られるのか?」売却理由を気にします。

売却理由が「離婚」「事故」「破産」の場合は、マイナスな印象を持たれて物件選びの選択肢から外されることが多いです。

転勤での売却であればマイナスなイメージになることはないので、買主も安心できます。

売却理由がキレイなので積極的にアピールをしましょう。

内覧時の対応がナチュラルにできる

転勤時のマンション売却は内覧対応がナチュラルにできます。

「夫は転勤でいなくて…」と言えるので、奥様1人でも内覧対応がしやすいです。

また、値切り交渉時には「夫に聞いてみます」と、その場での回答を避けることができます。

転勤関連の理由であれば、相手も納得をしてくれるため自然で嫌味のない対応が可能です。

買主からしても奥様が対応してくれた方が安心できます。

このように、転勤という理由があれば内覧時の対応もナチュラルにできる場合が多いです。

いい不動産会社の探し方

ここで紹介したように転勤時のマンション売却はスピードが大事です。

同じように転勤辞令が出て、マンションを探している人がたくさんいます。

チャンスを逃さないためにも、できるだけ早く査定依頼を出しましょう

査定をする際は、複数業者にまとめて依頼ができる一括査定サイトが便利です。

比較ができるので、査定額が高い業者や優良業者を見つけることができます。

イエウール」や「リビンマッチ」は1,000社以上の不動産会社が参加していて、手続きも簡単です。

いい不動産会社を探せば、満足のいくマンション売却になります

スピードが大事ですので、転勤がある方は早速動き出しましょう!

関連記事

  1. 不動産を売却したい!不動産業者の評判を把握するためには?

  2. 福岡市中央区の薬院、平尾のマンション売却相場は?高額で売るポイントまで紹介!

  3. 中古マンションを売る時の内覧・内見の裏技!高くそして早く売却しよう!

  4. 任意売却はすぐに行うべき?時間をかけるべき?適切な売却と引っ越しの時期とは。

  5. 新築マンションをお得に買い取ってもらうには?

  6. マンションの買取保証とは?売却する場合は仲介と買取のどっちがいいの?

Banner

  • 不動産一括査定サイト各社を徹底比較
  • 一括査定サイトと不動産に直談判どっちがいいの?
  1. 四天王寺前夕陽ヶ丘駅付近の中古マンションを高く売るぞ!戦略的な…

    2020.08.03

  2. 桃谷駅付近の中古マンションを高く売るぞ!戦略的な売却査定で250万…

    2020.08.03

  3. 天王寺(上之宮町、北山町、真法院町)付近の中古マンションを高く…

    2020.08.03

  4. 天王寺駅付近の中古マンションを高く売るぞ!戦略的な売却査定で250…

    2020.08.03

  5. 天王寺清水谷、東高津付近の中古マンションを高く売るぞ!戦略的な…

    2020.06.26

  1. 親名義の不動産を売却する際の注意ポイント

    2019.01.18

  2. 不動産売却時のつなぎ融資って?

    2019.01.16

  3. 不動産売却における手付金とは?どれくらい払うもの?

    2019.01.13

  4. 不動産売却のメリットやリスクとは?

    2019.01.10

  5. マンションや不動産を売却した!確定申告っている?書き方や必要書…

    2019.01.07

2020年8月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

to top TOPへ戻る

(無料)不動産売るなら
イエウールで一括査定